参加無料 京都で映画の企画コンテスト優秀賞発表 映画監督・大友啓史さんが審査員に

©株式会社サンケイリビング新聞社

出典:リビング大阪Web

京都映画企画市2019年度優秀映画企画「酢と油」の1シーン

2009年から、若手映画・映像クリエイターを対象に、時代劇・歴史劇ジャンルの映画企画コンテスト「京都映画企画市 -Kyoto Film Pitching-」が開催されています。

業界の第一線で活躍する映画監督やプロデューサーを審査員に迎え、「日本で唯一、メジャースタジオで自分の作品企画を映像化できるコンテスト」としても注目されています。

2020年も、たくさんの作品がエントリー。その中から書類審査を通過した6人がプレゼンテーションを行い、優秀作品1作品が選ばれる「2020年映画企画コンテスト」と、昨年度の優秀映画企画者・枚方市出身の映画監督・熊谷まどかさんの作品「酢と油」が上映される、「優秀映画企画上映会」が、11月8日(日)に京都みなみ会館(京都市南区西九条川原城町110)で開催されます。

出典:リビング大阪Web

2019年の授賞式の様子。左から3番目が映画監督の熊谷まどかさん

出典:リビング大阪Web

映画「ハゲタカ」、「るろうに剣心 」シリーズ、「億男」など話題作を手がける、映画監督の大友 啓史さんも2020年の審査員の一人。「るろうに剣心 最終章The Final/The Beginning」は2021年のGWに公開予定

優秀映画企画(1企画)受賞者には、350万円相当のパイロット版映像制作権が付与され、京都撮影所で撮影する権利が与えられます。

昨年度の優秀映画企画者で、映画「酢と油」監督の熊谷まどかさんは、

「まるで“酢と油”のように反発し合う二人の男が、なぜだか一緒に江戸時代にタイムスリップしてしまい、奮闘するお話です。

日本映画発祥の地とも言われる京都の撮影所という 贅沢な環境でのパイロット版撮影は、とても幸せな体験でした。ぜひ、長編映画として実現させて、また戻って来たいと思います」

と映画、そして京都撮影所への思いを語ってくれました。

★過去にリビングWebで熊谷さんのインタビューをしました!こちらもご参照を。

https://mrs.living.jp/osaka/event_leisure/article/2625879

芸術の秋にふさわしいこの企画。参加無料です。ぜひ味わってみませんか。

企画市は参加無料、事前申し込みが必要です。

京都映画企画市 -Kyoto Film Pitching-

2020年【映画企画コンテスト】&【優秀映画企画上映会】

開催日時:11月8日(日)13:30-17:00 (受付開始 13:20)

会場:京都みなみ会館(京都市南区西九条川原城町110)

https://kyoto-minamikaikan.jp/

優秀映画上映会 2019年度優秀賞受賞作品

『酢と油』

■監督:熊谷 まどか

■プロデューサー:久保田 傑

■出演:藤井 太樹 酒井 信吉 中村 美弓稀

■制作:東映(株)京都撮影所