「プロの犯行どす」橋本環奈の京都弁が「変どす」!? 「ルパンの娘」視聴者が物申す

©株式会社ジェイ・キャスト

橋本環奈さん。深田恭子さんのライバルキャラとして登場

2020年10月15日にスタートした女優の深田恭子さん(37)主演のドラマ「ルパンの娘」第2期だが、女優の橋本環奈さん(21)が話す「京都弁」のイントネーションを巡り、主に関西圏と思われる視聴者から「ツッコミ」があがっている。

【画像】「ルパンの娘」での橋本さん。中学生姿

コテコテの京都弁キャラ

今回橋本さんが演じるのは、京都で代々続く名探偵一家の娘・北条美雲。「昭和のホームズ」と呼ばれた祖父(伊吹吾郎)とともに「令和のホームズ」になるべく日々鍛錬を積み、「Lの一族」こと大泥棒一家の深田さんファミリーを追う使命を背負っている役どころだ。

推理力や洞察力に長け、早口の京都弁で相手に圧をかけるように話す橋本さん。第1話では、祖父から出題された死因特定問題で、「見えましたえ」と犯行に使用された銃の種類を見事言い当てたほか、

「撃たれた5発はすべて確実に急所を捉えとる。つまり、銃の扱いに慣れたプロの犯行どす」

「殺人を楽しむ快楽犯どす」

と犯人像についても言及。その確かな推理力は、祖父からもお墨付きをもらっている。

本人も奮闘中!「外国語を習っているような感じ」

音の高低や長短、独特のアクセントを持つ京都弁。視聴者のなかには橋本さんの京都弁のイントネーションに違和感を持つ人が多かったようで、「京都人あんな話し方しない」「標準語で演技してくれへんやろか。。イントネーションガッタガタの京都弁ずっとはシンドイ。頼むー!」「福岡出身なんだから博多弁設定じゃダメだったのかな。博多弁も可愛いのに」「橋本環奈の京都弁は下手でもかわいいから許されるw」「橋本環奈の京都弁が変どすー! どす言うの舞妓はんぐらいどすえー!」などとツッコミを入れる声が続出している。

しかしながら、当の橋本さんも番組公式のインタビューで、京都弁について「イントネーションの難しさを感じています」と告白。指導の先生の録音データを聞いて、それを手本に練習しているようだが、「外国語を習っているような感じ」「(普段と)どっちが正しかったっけ??と、すごく迷ってしまう事があるんです」と、四苦八苦しているようだ。