流れ星・瀧上の元妻の小林礼奈、離婚後のブログに批判殺到「わざわざ言わなくていい」

©メディアシンク株式会社

お笑いコンビ・流れ星の瀧上伸一郎(41)の元妻でタレントの小林礼奈(28)のブログが話題となっている。

小林と瀧上は今年6月に夫婦喧嘩が増えたことを理由にコロナ別居を開始し、今月2日には離婚をしたことを報告した。

そんな小林、12日のブログでは「離婚式やってもらいました。(中略)良縁に恵まれ再婚できますように!そして悪いものから縁が切れますように。どうか、、どうか縁が切れますように。」などとつづり、縁切り神社で離婚式をしたことを報告したが、この投稿に対して「いちいちこういうことして、ブログに書くあたりイタイわ」「縁が切れようが娘さんの父親には代わりはないのだからそこはよく考えた振る舞いをした方が良いと思う」「離婚は仕方ないけど子供のこと考えてブログに残さないほしい」などといった批判の声が多く集まってしまった。

その後、小林はブログで「しょうがないじゃんブログ書くのだって娘養うための生活費になってるんだからそら、必死こいて書くわ。」などとつづり、批判の声を一蹴したが、家賃の滞納で子供の入園祝いの祝儀で支払うことを決めたことを明かしたことで
「ブログで稼いで家賃払えると思ってたのかな」「仕方ないとしても、わざわざブログで言わなくていい!」「家賃払えないなら縁切り神社とか行って遊んでいないで仕事しなよ」と再炎上してしまった。

離婚前から小林の行動には厳しい声が集まっていたが、離婚後の彼女のブログはさらに鋭い指摘が入りそうだ。