フリーブレイズ白星発進 王子に競り勝つ、アジアリーグJC

©福島民友新聞株式会社

フリーブレイズ―王子】先制点を決めるFW田中遼(左)=フラット八戸

 アジアリーグアイスホッケーの国内5チームによる「ジャパンカップ2020」は17日、青森県八戸市などで2試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)はホーム八戸市のフラット八戸で王子イーグルスと対戦、4―3で競り勝ち、初戦を白星で飾った。

 フリーブレイズは第1ピリオド、FW田中遼のゴールで先制した。

 第2ピリオド序盤に2点を奪われ逆転を許したが、その後FW佐藤、DF早田が立て続けに得点。最終ピリオドで田中遼が1点を加え、そのまま逃げ切った。

 次戦は18日に同会場で王子と対戦する。午後3時30分開始予定。

 ジャパンカップは来年3月28日まで。8回戦総当たりで各チーム32試合を行う。

東北フリーブレイズ4―3王子イーグルス
(1―0 2―2 1―1)