総額700万円整形AV女優、高嶋めいみ「需要あんのか?」初エッセイ本

©株式会社ジェイ・キャスト

メイド喫茶で働いて、整形してコスプレイヤーになって、ホス狂いして、"風呂"で働きながらAV女優(←今ココ)

「今ココ」と、現在地を記したこの一文だけで、著者が波乱万丈な人生を送っていることは想像に容易い。その人物とは総額約700万円で顔面を整形し成形前の姿も公表するなど、その変身ぶりに注目が集まった高嶋めいみさん。

かつて「明治」と名乗り美少女コスプレイヤーとして活動していたこともある彼女が、2020年10月30日に自伝的なエッセイを主婦の友社「hilia TALK(ヒリアトーク)」レーベルから出版する。

画像は、『メイド喫茶で働いてお金貯めて整形してコスプレイヤーになってホス狂いしてAV女優になった話』(主婦の友社)

タイトルは『メイド喫茶で働いてお金貯めて整形してコスプレイヤーになってホス狂いしてAV女優になった話』(主婦の友社)。

「私という人間は、もうタイトルほぼまんま。」と語る高嶋さん。本書の中で、「説明すればほんのそれだけの人生。自分でも思う。なんの生産性があるの? なんのために生きてるの? 誰のために生きてるの? そもそもなんだけど、こうして反省を語ったとこでワイの本、需要あんのか?」とつづり、不安に思いながらも今回のエッセイを書き上げた。

高嶋めいみさんのビフォー、アフター

高嶋さんは本書で、次のようにも読者に語りかけている。

ただね、読むとひとつだけ確実に効果のあることがあるんです。それは「自分より不幸な人間っているんだなぁ」そんな風に思う効果はあるかもしれない。人生で行き詰まったとき「そういや高嶋めいみってやつよりはマシかもしれない」そんな風にふと思い出してくれたとしたら私も生きてきた意味があるってもんです。自分より不幸な人がココにいるので、どうか安心してください。

風呂屋で働くといっても、銭湯ではない。違う名前を名乗っていたそうだ

目次には、次のコピーがならぶ。

「顔いじったら絶好調になりました」
「Twitterでバズって人生変わったワイが人間不信に陥ったっていうお話」
「「ケツデカ・デブ・ゴリラ」時代を経て、痩せるって何かをぼんやり考えてみた」
「風俗嬢だからってセックスが好きなわけじゃない」
「ホス狂ちゃん誕生から鬼病み期を一気にプレイバック!」
「歌舞伎町という街に住む私、ここにしか今は住めない私」
「今の私の生きがいっつーかそういう感じのもの」

ロリータのコスプレもお似合い

書かれている内容はかなりダークだが、実は「底抜けに明るい」という彼女が伝える言葉たちは、思いもよらないところで私たちに生きる"気づき"を与えてくれるかもしれない。

本書は、主婦の友社「hilia TALK」レーベルからの発売となる。Philia(偏愛、性愛症候群)から「P」(1ピース)何かが欠けた愛のカタチ=ヒリア(非リア)。つらく苦しい闇夜に開きたい安眠レーベルという位置づけで、ほかにBOOKウォッチでも以前紹介した『男とか女とかゲイとかレズとかどうでもいいからただ好きな人のそばにいたいだけ。』(鈴木リズ著、2020年8月刊行)などがある。

※画像提供:主婦の友社

  • 書名:メイド喫茶で働いてお金貯めて整形してコスプレイヤーになってホス狂いしてAV女優になった話
  • 監修・編集・著者名: 高嶋めいみ 著
  • 出版社名: 主婦の友社
  • 出版年月日: 2020年10月30日
  • 定価: 本体1,400円+税
  • 判型・ページ数: 四六版・192ページ
  • ISBN: 9784074435654

(BOOKウォッチ編集部)