教員殺害テロ、仏各地で追悼集会

表現の自由「奪えない」

©一般社団法人共同通信社

教員殺害テロ事件の追悼集会で、週刊紙シャルリエブドの紙面や犠牲となった教員の写真を掲げた参加者ら=18日、パリ(共同)

 【パリ共同】フランス・パリ近郊で16日起きた教員殺害テロ事件で犠牲となった中学の歴史・地理教員サミュエル・パティさん(47)を追悼する集会が18日、パリや南部リヨンなど国内各地で開かれ、地元メディアによると計数万人が集まった。参加者は「自由は決して奪えない」と述べ、表現の自由を守ると訴えた。

 パリでは、2015年の同紙本社襲撃テロ後にも大規模な集会とデモが行われていた共和国広場に数千人が集まり、カステックス首相やパリのイダルゴ市長も加わった。参加者は、パティさんに連帯を示す「私は教員」と記したプラカードやシャルリエブドの紙面を掲げた。