スカイライン2000RS | 日産 - スカイラインは最強のスポーツカーでなきゃいけない【旧車】

©株式会社ライトアップ

久しぶりのDOHCエンジン復活で、スカイライン覇権の夢をふたたび

・モデル名 :スカイライン2000RS(DR30型)
・メーカー名:日産
・年式 :1983
・撮影場所 :サクラオートヒストリーフォーラム2018
・撮影者 :会長

パワーアップに次ぐパワーアップを繰り返した6代目

いつの時代も、スカイラインはクルマ好き憧れの1台だった。
歴代のモデルに自然発生的なニックネームがつけられ、誰もがそれを知っているようなクルマがほかにあるだろうか。

先代の5代目、C210型・通称「ジャパン」まで搭載されていた日産伝統のL型から新開発のFJ20E型エンジンに換装された、6代目。
73年に先々代となるケンメリGT-Rがたった197台の製造をもって生産中止になると、その後は日産のラインナップからDOHCエンジン車は姿を消してしまっていた。
その後オイルショックや幾度もの厳しい排ガス規制を乗り越えたあとも、ジャパンやセドリックにターボ車が登場したが、DOHCエンジンが復活することはなかった。