「嵐にしやがれ」後続番組MCの櫻井翔「これまで5人で大切に守ってきた土曜夜9時。1週間の疲れを癒やす和やかな空気をお届けできたら」

©株式会社東京ニュース通信社

嵐の櫻井翔が司会を務める、日本テレビ系の新バラエティー番組「1億3000万人のSHOWチャンネル」(土曜午後9:00、開始日未定)が、2021年1月よりスタートする。

2010年以降、10年以上にわたり土曜の夜に「笑顔」を届けてきた「嵐にしやがれ」が2020年をもって終了。その後続番組として、櫻井が局長となって挑戦的な新テレビ局を開局する「1億3000万人のSHOWチャンネル」がスタート。今や1億3000万人がクリエーターとして、誰でも簡単に映像が作れる時代。この番組は芸能人から一般人、老若男女1億3000万人が胸に秘めている「やってみたい」「見てみたい」そして「見たくなる」1行企画を広く募りただひたすら実行。見たい映像を撮る、やってみたいことをやってみる、行きたいところへ行き、会いたい人に会う。そんな自由度の高い番組となる。

実は櫻井は、ありとあらゆる多ジャンルの動画を目にして日々を楽しむ“映像マニア”。そんな櫻井が、「SHOWチャンネル」局長として番組全体の流れを作り、出演者を温かく包み込み、同じ目線で話し、時に一番のプレーヤーとして誰よりも汗を流し、番組を盛り上げていく。

櫻井は「これまで5人で大切に守ってきた土曜夜9時。1人で背負うという大役を務める運びとなり、正直驚いています。長きにわたって共に戦い続けてきたスタッフの皆さんと共に、また、これからご一緒する心強い共演者の皆さんと共に、1週間の疲れを癒やす和やかな空気をお届けできたらと思います。週明けに、学校や職場などで会話のきっかけとなるような番組を目指します。どうぞよろしくお願いいたします」とメッセージを寄せる。

また、國谷茉莉プロデューサーは「櫻井さんは、番組の企画に『興味』と『愛情』を“心底”注いでくださる方です。そんな櫻井さんを局長にすえ、『人間性』や『趣味嗜好』の華と共に土曜夜9時の新番組を一緒に創っていくのが楽しみです」と期待を述べ、「熱く、おちゃめに、真剣に…視聴者の皆様に熱狂していただけるような新しいテレビ番組をお届けできますよう、全員で一丸となって歩んでまいります。これからも応援していただけますと幸いです」と新番組に向け気合を入れている。