リバプールのレジェンド、キャラガー氏「ファン・ダイクの離脱はタイトルレースに大きく影響する…」

©フットボール・トライブ株式会社

フィルジル・ファン・ダイク 写真提供: Gettyimages

リバプールのレジェンドである元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏はオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの離脱について自身の見解を示した。18日、英メディア『スカイスポーツ』が報じている。

リバプールは17日にプレミアリーグ第5節でエバートンと対戦。ファン・ダイクはこの一戦にも先発出場を果たしたものの、6分にエバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードと交錯し、負傷交代。クラブはファン・ダイクが右ヒザ前十字靭帯を損傷したことを発表した。また、一部報道によると同選手の離脱は最長8か月程度とみられている。

そんな中、キャラガー氏は同メディアで「大きなクエスチョンはリバプールがファン・ダイクなしでプレミアリーグを制覇できるかどうかだ。すべてのクラブには3~4人外せない存在のプレーヤーがいる。そのプレーヤーがいなくなったら?それは監督がどんなにすばらしくても、どれだけ層の厚いクラブであろうが関係ない。その問題を補うことはできないんだ」とコメント。

また、同氏は続けて「タイトルレースに大きな影響をもたらすだろう。シーズンのスタート時にはリバプールがプレミアリーグを2連覇すると思っていたが、ファン・ダイクはシーズン全体を離脱する可能性もある。リバプールは1月のマーケットで動く必要がある。これはファン・ダイクの離脱だけが理由ではない。どのみちセンターバックには大きな不安があった。シーズン前にロブレンを放出してしまったしね」と冬の移籍市場での補強の必要性を訴えた。