世帯年収1000~1200万円のリアル「憧れのタワマン、車は輸入車。ただ、家のローンと車の維持費でランチ代500円の節約生活」

©株式会社グローバルウェイ

世帯年収1000万超のセレブな暮らし

世帯年収1000~1200万円は、「お金持ち」の年収ラインといって差し支えないだろう。彼らのリアルは、どのような暮らしぶりなのか。

同世帯年収のキャリコネニュース読者からは

「日常の食材には有機食材を選び、普通のレストランなら値段を気にせず注文できる。家事サービスも頼めるし、子どもに良いと思うものは大抵買える」(東京都/40代女性/個人事業主)

という何ともうらやましい声が寄せられているが、まだ序の口だ。

世帯年収1000~1200万円の家庭の中には、一般家庭では手の届かない贅沢を楽しむ人々が存在する。きらびやかな生活の様子を少しだけのぞいてみよう。(文:大渕ともみ)

800万の愛車、150万円のブランド時計、1万円のランチ

岐阜県在住の30代男性は世帯年収1200万円で、外食系の事業を手掛けている。夫婦の財布は別々で、お互いどれだけ蓄えがあるかは知らないという。男性の生活水準はかなり余裕がある。

「私はお金を使うタイプ。車は800万円の国産車で、時計は150万の有名ブランド品を愛用しています。昼のランチは値段を気にせず食べたい物を食べ、会計が1万円を超えることもありますね。毎月の支出は、生活費を除いて30万円ほど」

男性によれば、使いたいだけお金を使っても毎月10万円程度は貯金できているという。「感覚的に世帯年収が1500万円前後あれば、余裕があると言えるのではないでしょうか」と持論を述べる。

エピソードを聞く限り、男性の金銭感覚が一般とかけ離れていることは明らかである。世帯年収1200万円の生活がここまで贅沢なものとは夢があるではないか。別財布だという男性の妻の懐事情についてもぜひ聞いてみたいものだ。

住まいや車は高級に、普段の生活は慎ましく

世帯年収1000~1200万円ともなれば、住まいや車に資金を投じ、こだわりたくなる傾向があるようだ。その分、意外にも普段の生活は慎ましくしている様子も垣間見える。

都内に住むメーカー企画職の40代男性は、タワーマンションと輸入車を所有している。「憧れのタワーマンションと輸入車、満足ですよ。ただ、マンションのローンや車の維持費を差し引くと余裕がなくて、節約生活をしています。『ランチは基本500円以内を心掛ける』とか……」とメリハリのついた生活状況を明かしている。

長野県でエンジニアとして働く50代男性も、夫婦それぞれで輸入車を持っているという。男性は「子どもがいないので自由。昨日は3万円くらいのちょっと高いワインを夫婦でいただきました。でも、いつも贅沢しているわけではなく、平日の夕食は簡素に1品で済ませることも珍しくないですよ」と、たまの贅沢を夫婦で仲良く楽しんでいることを綴っている。

絵に描いたようなセレブ並みの贅沢を楽しむ人、贅沢の自覚はないものの住まいや車に多額の資金を費やす人。世帯年収1000~1200万円のお金持ちにもさまざまなタイプがいる。いずれにせよ、彼らのうらやましい暮らしぶりに少しはあやかりたいものだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「【読者投稿】世帯年収1000~1200万円台のリアル」世帯年収300万円台のリアルに関するアンケートを募集しています。