改良型リニアを初公開 先頭車デザイン一新、車体軽量化

©株式会社神奈川新聞社

報道陣に公開されたリニア中央新幹線の改良型試験車=山梨県都留市の山梨リニア実験センター

 JR東海は19日、山梨県都留市の山梨リニア実験センターで、リニア中央新幹線の改良型試験車の報道関係者向け試乗会を開き、車内を初公開した。空気抵抗を減らすため、従来の車両に比べ先頭車のデザインを一新。この日は、開業時に予定している最高時速500キロで試験走行した。

 車内は白を基調としたデザインとし、明るく優しい雰囲気を醸し出す。車体の先端部に丸みを持たせ、空気抵抗を約13%低減。安全面などに配慮し、前照灯や前方カメラもこれまでの先端部からより高い位置にして視認性を高めた。

 発電装置を搭載せず、地上と車体にそれぞれ設置したコイルを利用して車内に電気を供給する仕組みを採用。車体の軽量化を進めた。

 リニア中央新幹線は品川─名古屋間を約40分で結ぶ計画で、相模原市緑区の橋本駅近くに神奈川県駅(仮称)の建設が進んでいる。2027年の開業を目指すが、環境対策を巡り静岡県とJR東海の協議が難航。同年の開業は延期が不可避の情勢になっている。