清水建設/ロボット施工・IoT分野で鹿島・竹中工務店の技術連携に参画

©日刊建設工業新聞社

清水建設は19日、鹿島と竹中工務店が2019年12月に開始したロボット施工・IoT(モノのインターネット)分野の技術連携に参画すると発表した。連携対象は施工関連技術のうち、ロボットや機械装置、ソフトウエア、IoT関連。3社で基本合意書を交わした。新技術の共同研究開発や既存技術の機能向上・改良に加え、実用レベルにある既存ロボット技術などの相互利用に取り組む。

技術連携は生産年齢人口の減少や技能労働者の高齢化、生産性の向上など建設業が直面する課題への対応が目的。ゼネコン各社は施工ロボットやIoTを活用した施工支援ツールの開発を進めている。ただ企業ごとの開発では費用負担が重く、実用化しても生産台数が限られ開発費の回収が困難といった課題がある。

ロボット施工分野では鹿島がコンクリート仕上げロボットなど、竹中工務店が自動搬送ロボットなどの開発技術を持つ。清水建設も内装多能工ロボットや水平スライドクレーンなどの技術を保有する。

3社による具体的な技術連携対象は検討中だが、協業を通じて新規ロボットの共同開発や既存ロボットの相互利用を促進。研究開発費や生産コストを低減して施工ロボットの普及を加速する。最先端技術の利活用は協力会社の生産性にも寄与する。技能労働者のワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)や処遇改善、若年層の入職促進につながると期待している。

技術連携には複数社が参画に興味を示しているという。引き続き3社は業界全体に働き掛け、生産性アップや建設業の魅力の向上を図っていく。