国交省/事前防災効果で初の事例集作成/強靱化3か年緊急対策など83の取り組み収録

©日刊建設工業新聞社

国土交通省は事前防災の効果を紹介する事例集を作成した。「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」(2018~20年度)のほか、長期にわたり取り組んでいる事前防災対策と合わせて83事例を収録。3か年緊急対策の地域経済への貢献もデータに基づき解説している。事前防災の効果にスポットを当てた事例集の作成は初めて。

タイトルは『いのちとくらしを守る防災・減災、国土強靱化 3か年緊急対策・令和新時代を支える事前防災効果事例集』=写真は表紙。国交省は河川や砂防、道路、港湾など社会資本の各分野で対策を着実に実施。昨年の台風15・19号や今年の7月豪雨など全国各地域で発生した自然災害に対し、事前防災の効果を写真や図で分かりやすく解説している。

公共投資はコロナ禍で落ち込んだ日本経済を安定的に下支えすることが期待されると指摘。特に地域経済に大きな影響を与えると分析している。事例集は国交省総合政策局公共事業企画調整課がまとめた。