「完売女王」鈴木あきえが表紙 無事にコロナ出産を乗り切ろう

©株式会社ジェイ・キャスト

2年間の不妊治療や流産を経験し、2020年9月5日に第1子となる男児を出産したお笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子さん、第2子を妊娠中のタレント、川崎希さんや鈴木あきえさんら芸能界ではおめでたい話題が続いている。マタニティ誌「Pre-mo(プレモ)」冬号は、ふっくらしたおなかの鈴木さんが2年ぶりに表紙を飾った。

画像は、「Pre-mo」2020年冬号(主婦の友社)

鈴木さんが前回表紙に登場したのは、2018年7月発売の「Pre-mo秋号」。そのときの実売記録はいまだに塗り替えられておらず、Pre-mo編集部では鈴木さんのことを「完売女王」と呼んでいるそうだ。

画像は、「Pre-mo」2020年冬号(主婦の友社)より(以下、同)。鈴木あきえさん

第2子の出産に向けて、今回のインタビューでは妊娠がわかったときのことやコロナ中のマタニティライフ・出産計画などを語っている。

「1人目が新生児のころは、育児の壁にぶつかることもありました。毎日ひたすら、授乳、おむつ、寝不足...という時間が永遠に続く気がしちゃって。ちょっと孤独感も感じていましたね。でも赤ちゃんが新生児のときって、今振り返ると本当に本当に少ししかない貴重な時期。当時は記憶がないぐらい大変だったけれど、もったいなかったなと思います。だから今回は、エネルギーは全部、子育てを楽しむために向けたいなって。家事はとことん省エネにして、上の子と赤ちゃんの成長を楽しみたいと思っています」(鈴木あきえさん談)

誌面では、江上さんの予定にはなかった帝王切開でドタバタの出産エピソードや、川崎さんおすすめのベビーグッズ紹介などもある。

画像は、江上敬子さん。「Pre-mo」2020年冬号(主婦の友社)より。産後すぐの2ショット。コロナ中で面会はNGだったため、助産師さん撮影

また、川崎さんといえば、自身のブログでハイブランドのベビーグッズがお気に入りなどど紹介していたが、誌面では、ベビー用のDr.EDISON体温計やタカラトミーのすやすやメロディなどをリピート買いしたと紹介。手に取りやすい価格帯でほっとする。

川崎希さんは取材時、妊娠9カ月。当日は夫のアレクサンダーさんも同席

特集は、「コロナ出産を乗り切る!」がテーマ。「コロナとニンプさんの現状&対策」や「コロナ出産レポート」、「お披露目、お宮参りetc....コロナだけど、みんなどうしてる?」など、これまでとは違う環境の中でどう準備や対策をすれば良いか、お役立ち情報をまとめた。別冊付録には、赤ちゃんの1年を予習できる「ちびベビモ」。とじ込み付録は「パパのための準備BOOK」がある。

充実した内容の「Pre-mo」2020年冬号だが、「完売女王」の登場で今回も実売記録更新となるか。

※画像提供:主婦の友社

  • 書名:Pre-mo2020年冬号
  • 監修・編集・著者名: Pre-mo 編集部 編
  • 出版社名: 主婦の友社
  • 出版年月日: 2020年10月15日
  • 定価: 本体691円+税

(BOOKウォッチ編集部)