久保建英にバリャドリードが再アタックか カギ握る〝元祖怪物〟ロナウド

©株式会社東京スポーツ新聞社

去就が注目される久保建英

スペイン1部バリャドリードが、同ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)に再アタックの姿勢を見せている。

ビリャレアルの久保は、ウナイ・エメリ監督(48)の信頼をつかみきず、リーグ開幕から6戦連続ベンチスタート。出場時間の短さから、現地では保有権を持つスペイン1部レアル・マドリードが、今冬にも〝日本の至宝〟を引き揚げ、別のクラブへ移籍させるとの報道が相次いでいる。

そんな中、スペインメディア「トドフィジャフェ」は、Rマドリードが、久保とビリャレアルの契約を解除した場合、バリャドリードが獲得に名乗りを上げると報じた。さらに記事では、久保が加入すれば、大幅なチーム強化につながるとし、オーナーを務める元ブラジル代表FWロナウド氏(44)とRマドリードの友好関係も強調した。

昨オフもロナウド氏は久保獲得をRマドリード側に打診していたが、今度こそ実現となるか。