ドイツ音楽賞『オーパス・クラシック賞』、ムターらドイツ・グラモフォン&デッカ・クラシックス所属アーティストが10部門で受賞

©ユニバーサル ミュージック合同会社

アンネ=ゾフィー・ムター (c) Stefan Hoederath

ドイツの権威ある音楽賞『オーパス・クラシック賞』の授賞式が10月18日に開催された。

今年、運営団体は開催に最もふさわしいベルリンのコンツェルトハウスで、客席に充分な間隔をあけながら生中継の記念式典をおこなった。人数が制限された聴衆を前に、司会者のトーマス・ゴットシャルクは、このすばらしい音楽の祭典のステージに、本年度の受賞者たちを招き入れた。セレモニーの模様は、第2ドイツテレビ(ZDF)で中継され、フェイスブックでも配信された。

アンネ=ゾフィー・ムターをはじめ、ユニバーサル・ミュージックのクラシック・レーベルであるドイツ・グラモフォンとデッカ・クラシックスの所属アーティストが、25部門のうち10部門で2020年度のオーパス・クラシック賞を受賞。

この式典は、過去12ヵ月の最高の芸術的成果を紹介すると同時に、芸術や文化の活動がコロナ・ウィルス流行によって妨げられている時期に、人々が心をひとつにできる指針としての役割をも果たすものになった。

俳優のマティアス・ブラントが、ベートーヴェンのピアノ・ソナタなど重要な作品の演奏史に決定的な影響を与えたオーストリアのピアニスト、ルドルフ・ブッフビンダーに「生涯功労」賞を授与した。

映画音楽の分野でオスカーを5度受賞しているジョン・ウィリアムズは、世界的に有名なヴァイオリニスト、アンネ=ゾフィー・ムター(「器楽奏者/ヴァイオリン」)に、みずから賛辞を贈った。ムターの受賞対象となったのはアルバム『アクロス・ザ・スターズ』で、ウィリアムズによって作曲されただけでなく、編曲および指揮も彼自身が担当した音楽によるハリウッドへのオマージュとなっている。

コア・クラシックとは違った太陽と命と愛への讃歌『ソル・イ・ビダ』で、「今年の女性歌手」に選ばれたメッゾ・ソプラノのエリーナ・ガランチャには、女優のナタリア・ヴェルナーが賞を手渡した。そしてアイスランドの作曲家ヒドゥル・グドナドッティルは、「今年の革新的コンサート」を受賞し、同じアイスランド出身のヴィキングル・オラフソンに「器楽録音」賞を授与した。オーパス・クラシック賞は、バンジャマン・ベルネーム(若手演奏家/歌手)、イサタ・カネー=メイソン(若手演奏家/ピアノ)、カサンドラ・ヴェデル(今年のビデオ・クリップ)、ミルガ・グラジニーテ=ティーラ(今年の指揮者)、トーマス・ツェートマイアー(器楽録音/ヴァイオリン[ECMニューシリーズ])にも贈られた。

この夜ステージに登場したアーティストは、ララ作曲〈グラナダ〉を歌ったエリーナ・ガランチャ、映画『シンデレラ・リバティー/かぎりなき愛』からジョン・ウィリアムズ作曲〈すてきな貴方〉を演奏したアンネ=ゾフィー・ムター、ヴィキングル・オラフソンは自ら編曲したラモーの歌劇《レ・ボレアド》から〈芸術と時間〉を弾き、そして最後にルドルフ・ブッフビンダーが、ベートーヴェンのピアノ協奏曲1番から第3楽章を演奏。

ドイツ・グラモフォンのクラシック統括部長クレオパトラ・ソフロニオウは、次のように語っている。

「音楽に命をあたえるのは、聴き手とのあいだに生まれる対話です。オーパス・クラシックは今年、そのことを念頭に置いて、たぐいまれなライブ演奏を提供しました。今夜、私たちのレーベルのアーティストがこれほどまでに評価されたことに感激しています。そして、このような幅広い部門でノミネートされた事実は、イエロー・レーベルが育んだ多様で創造的な探求を反映しています。私たちは、このような多様性を促進することを誇りに思っています」

ユニバーサル ミュージック中央ヨーロッパ/ドイツ・グラモフォンの経営最高責任者/社長であるフランク・ブリーグマンは、こうつけ加えている。

「受賞したアーティストの皆様、おめでとうございます。コンツェルトハウスに集まっていただいた方々にも、テレビやオンラインで試聴してくださった皆様にも、これらの音楽家たちのライヴ・ステージは素晴らしい体験になったことでしょう。私たちの作品を様々な形で発表することができ、私たちにとっても、受賞者にとっても、最高の喜びです。また、メディア・パートナーのZDFをはじめ、このような困難な状況の中で今夜の授賞式を実現してくださった全ての皆様に、感謝とお祝いを申し上げます」

オーパス・クラシックは、ドイツで最も権威のあるクラシック音楽賞である。優れたアーティストや録音を表彰するための賞として、レーベル、プロモーター、出版社、その他クラシック音楽界の代表者で構成されているクラシック音楽振興協会によって授与される。オーパス・クラシック賞は、業界の専門家による審査員によって選出される。今年の授賞式典は招待者のみが出席した。

当夜の式典の模様は、オーパス・クラシックのメディア・パートナーであるZDFによって放送された。

受賞者一覧:

『若手演奏家(歌手)』

バンジャマン・ベルネーム

バンジャマン・ベルネーム(ドイツ・グラモフォン)

アーティストページ 

『生涯功労賞』

ルドルフ・ブッフビンダー (c) Stefan Hoederath

ルドルフ・ブッフビンダー

アーティスト公式サイト 

『今年の女性歌手』

エリーナ・ガランチャ (c) Stefan Hoederath

エリーナ・ガランチャ

Sol y Vida (ドイツ・グラモフォン)

アーティストページ 

『今年の指揮者』

ミルガ・グラジニーテ=ティーラ

ヴァインベルク:交響曲第2番・第21番(ドイツ・グラモフォン)

商品詳細ページ 

『今年の革新的コンサート』

ヒドゥル・グドナドッティル

TVドラマ《チェルノブイリ》オリジナル・サウンドトラック (ドイツ・グラモフォン)

商品詳細ページ 

『若手演奏家(ピアノ)』

イサタ・カネー=メイソン

ロマンス~クララ・シューマンのピアノ音楽 (デッカ・クラシックス)

商品詳細ページ 

『器楽奏者(ヴァイオリン)』

アンネ=ゾフィー・ムター (c) Stefan Hoederath

アンネ=ゾフィー・ムター

アクロス・ザ・スターズ (ドイツ・グラモフォン)

商品詳細ページ 

『器楽録音(ピアノ)』

ヴィキングル・オラフソン (c) Stefan Hoederath

ヴィキングル・オラフソン

ドビュッシー-ラモー (ドイツ・グラモフォン)

商品詳細ページ 

『今年のビデオ・クリップ』

カサンドラ・ヴェデル

聴覚障害のヒップホップ世界チャンピオンが踊るベートーヴェン交響曲第5番

商品詳細ページ 

『器楽録音(ヴァイオリン)』

トーマス・ツェートマイアー

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ (ECM New Series)

商品詳細ページ