透色ドロップ[ライブレポート]2ndツアー初日公演で証明した大きな成長

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

透色ドロップ[ライブレポート]2ndツアー初日公演で証明した大きな成長

透色ドロップが、2020年10月18日(日)に新宿BLAZEにて2ndツアーの初日公演<透色学概論Ⅰ>を開催した。同公演には、マスクをしっかり着用し、ソーシャルディスタンスを保ち、感染予防対策を万全に行なった多くの観客が来場。本記事では、そのオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

開演時間になると、耳馴染みのあるチャイムが鳴り響き、“透色学概論”という“学校”の世界観の中、オーバーチュアが流れ始め、メンバーがステージに登場。

1曲目は透色ドロップの始まりを象徴する「やさしさのバトン」。5人体制になった不安を感じさせないパフォーマンスを会場にかけつけたファンたちに見せつける。

透色ドロップ<透色学概論Ⅰ>|新宿BLAZE(2020年10月18日)
透色ドロップ<透色学概論Ⅰ>|新宿BLAZE(2020年10月18日)

ライブが進み、「ネバーランドじゃない」のパフォーマンスが終わると、再びチャイムが流れ、メンバーは一旦ステージを後にする。

次に何が起こるのかとフロアがざわつく中、8曲目の新曲「ユラリソラ」の音源を初解禁。

透色ドロップ<透色学概論Ⅰ>|新宿BLAZE(2020年10月18日)

曲が終わると先日開催された<TIFオンライン2020>で初披露された新衣装を身にまとったメンバーが再び登場。

新衣装のポイントについて、藍田萌は“白基調で、左右非対称のデザインに肩出しになっていたり、前回の衣装から一転して華やかになってお気に入りです”と解説。

見並里穂は、“カレーうどんやミートソースのスパゲティは食べられないね”とコメントし会場の笑いを誘った。

透色ドロップ<透色学概論Ⅰ>|新宿BLAZE(2020年10月18日)

今回公開された新曲は、11月1日にOSAKA MUSEにて開催される<透色学概論Ⅲ&Ⅳ>にて初パフォーマンスすることを発表。グループ初の大阪公演への弾みをつける情報解禁となった。

ライブ後半は、6人体制のライブで最後に披露した「君が描く未来予想図に僕が居なくても」をパフォーマンス。立て続けに「アンサー」「君色クラゲ」を投下。最後にリーダー橘花みなみが感謝の挨拶をし、<透色学概論>のスタートを華々しく締めくくった。

グループ、各メンバーともに大きく成長していく予感を覚えさせた同公演。透色ドロップの今後からますます目が離せない。

透色ドロップ<透色学概論Ⅰ>|新宿BLAZE(2020年10月18日)

透色ドロップ<透色学概論Ⅰ>

<透色学概論 Ⅲ>

日程:2020年11月1日(日)

会場:OSAKA MUSE

開場/開演 12:00/12:30

チケット

前売¥1,000(+1D)

一般発売 10月16日(木)10:00〜

<透色学概論 Ⅳ>

日程:2020年11月1日(日)

会場:OSAKA MUSE

開場/開演 16:30/17:00

チケット

前売¥1,000(+1D)

一般発売 10月16日(木)10:00〜

<透色学概論Ⅴ>

日程:2020年11月28日(土)

会場:新宿BLAZE

開場/開演 18:00/18:30

チケット

前売¥1,000(+1D)

・PG先行抽選受付 10月19日(月)20:00~11月1日(日)23:59

当選発表予定 11月2日(月)

・一般発売 11月7日(土)10:00