スペインで外出禁止令検討、伊は地域別で制限措置 コロナ抑制で

©ロイター

[マドリード/ローマ 20日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大抑制に向け、スペインでは感染拡大が深刻なマドリードなど一部地域で夜間外出禁止令を含む新たな制限措置が検討されているほか、イタリアの一部地域では独自の制限措置を導入し始めている。

スペインの新型コロナ感染者数は累計98万8322人に達し、今週にも100万人を突破する可能性がある。死者は累計3万4210人。

スペインのイラ保健相は記者団に対し「非常に厳しい冬季を迎える。感染第2波はもはや脅威ではなく、欧州全体の現実だ」と述べた。

イラ保健相によると、マドリードなどでの外出禁止令には非常事態宣言が必要で、2週間以上の措置には一部野党の支持を得なければならないという。ただ、スペイン議会は2極化しており、野党の支持を得るのは難しいと見られる。

マドリード州のエスクデロ保健相は、州当局が外出禁止令の必要性を検討しているものの、実施する権限がなく、中央政府に要請しなければならないと述べた。

一方、イタリアでは、北部のロンバルディア州や南部のカンパーニア州が外出禁止令の導入を決定。ピエモンテ州はショッピングセンターを週末に閉鎖すると発表した。

コンテ首相は記者会見で「感染第1波とは全く異なる状況だ」とし、状況悪化時には地方自治体による制限措置導入を可能にする必要があると述べた。

カンパーニア州ではすでに10月末まで全ての学校が閉鎖されている。州都ナポリのルイジ・デ・マジストリス市長はこの日、カンパーニア州での新型コロナ流行が「制御不能」になっているため、厳格なロックダウン(都市封鎖)をふたたび実施する可能性があると述べた。

イタリアで過去24時間に確認された新規感染者数は1万0874人と前日の9338人から増加した。

またフランスでは、20日の新規感染者が再び2万人台を記録し、前日の約1万3000人から大きく増加した。

新規感染者は2万0468人、死者は262人だった。また、新たな入院患者は4月初め以降で最多の797人増で、全体で1万2458人になった。