がん検診を無料で実施 早期発見が重要

©株式会社VOTE FOR

現在日本人の2人に1人ががんにかかると言われていて、がんは全ての人にとって身近な病気です。しかし、治療技術の進歩で、早期発見・治療すれば完治できるがんも増えているため、検診を定期的に受けることが大切です。
市では、下記のとおりがん検診を無料で実施しています。感染対策を行い検診を実施していますので、ぜひ受診しましょう。なお、明らかな症状がある場合は、身体の状態に応じた検査や治療が必要になりますので、必ず医療機関を受診しましょう。指定医療機関で検診を希望する場合は、直接お申し込みください。集団検診の日程や申込方法は本誌39ページに掲載。

●受診時の注意
・受診前には体温測定など、体調に問題がないか確認してください
・マスクの着用、受診前後の手洗いなど、感染対策をお願いします

■無料となるがん検診
対象は市民。ただし、症状のある人、現在がんの治療中の人などは対象外。
・肺がん…対象は35歳以上。問診、胸部X線検査、該当者は喀痰(かくたん)検査も実施
・乳がん…対象は前年度未受診の30歳以上の女性。問診、超音波検査(30~39歳)または、マンモグラフィ検査(40歳以上)
・胃がん…対象は50歳以上の偶数年齢(同一年齢での受診は1回)。問診、胃部X線検査(バリウム)または、胃内視鏡検査(胃カメラ。指定医療機関だけ)
※令和2年4月以降、新型コロナウイルス感染症の影響により対象年齢時に受診できなかった人については特例あり
・子宮頸がん…対象は前年度未受診の20歳以上の女性。問診、視診、内診、細胞診
・前立腺がん…対象は50歳以上の男性。問診、血液検査
・大腸がん…対象は40歳以上。問診、便潜血検査(2日法)

※新型コロナウイルス感染症の影響により、集団検診の日程や指定医療機関が変更となる場合あり