私たちの予防策 Vol.1

©株式会社VOTE FOR

私たちの生活に欠かせない感染症対策。毎日、どんなことに気を付ければよいのか、保健師さんに聞きました。

◆複数人で食事をするときは「会話は食べ終わってから」とルール化しよう

感染対策の基本は、マスク、手洗い、3密回避です。でも、食事をするときはマスクができないので、特に注意が必要です。

食事の時は、食べる前に必ずせっけんと流水で手を洗ってください。そして「食べる」「しゃべる」のどちらかにしましょう。職場などの集団の場では「会話は食べ終わってからマスクを着けてしよう」など、ルール化すると取り組みやすいです。

食べる場所が密にならないよう、時間や部屋を分ける、人と人との間隔をとって座ることも大切です。また2方向の窓やドアを開けて換気もしてください。

自宅でも同じです。家族と近い距離で正面に向かい合って座らないようにしましょう。鍋や焼き肉、大皿盛りなど、みんなでつつくメニューは避けて、料理は個別の皿で配膳するといいです。

感染対策は、「これさえすれば大丈夫!」といったものがありません。効果があると言われていることをコツコツと地道に続けていくことが大切ですね。

◇答えてくれた人 保健師・橋本亜紀さん
「外食は、空いている時間を選びましょう。テイクアウトも利用してくださいね」