FRONTEOと日本マイクロソフト、医療・介護のDXに向け協業を開始

©株式会社マイナビ

AIを活用したデータ解析サービスを提供するFRONTEOと日本マイクロソフトは10月21日、社会的な課題となっている高齢化による医療・介護リスクへの対応と、課題解決につながるソリューションの提供に向け協業を開始すると発表した。

FRONTEOは協業の第一弾として、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で認知症診断支援AIシステムの開発を行う。同システムは、専門的な会話や問診ではなく、自然な会話を通じて認知症の診断を支援することで、潜在的な認知症患者を早期に発見し、早期に専門的な医療機関での治療につなげることを実現するという。同社は、同システムの全国の病院、診療所への提供に向けて、言語系AI医療機器として薬事承認の取得を目指している。

また同社は、同システムの開発に続き、その他のライフサイエンスAIプロダクト、論文検索AI「Amanogawa」、創薬支援AI「Cascade Eye」についても、Azure上での提供を検討している。Azure上にこれらのシステムを構築することにより、導入を検討する企業や研究機関は、初期・運用共にコストを抑制できるとしている。

また、日本マイクロソフトは、Azureを導入する日本国内の医療機関や製薬企業に対し、共同販売ソリューションとしてFRONTEOと協力してシステムの導入支援を行う。これにより、医療研究機関や大学病院など、幅広い医療機関における利用が見込まれるとのことだ。