河北抄(10/21):日曜日の夕方、あすから出勤や通学しなけれ…

©株式会社河北新報社

 日曜日の夕方、あすから出勤や通学しなければならないことを考えて憂鬱(ゆううつ)になることを「ブルーマンデー症候群」と呼ぶそうだ。その時間帯の国民的テレビアニメから「サザエさん症候群」とも。ただでさえそうなのに、ひいきのプロ野球チームがその日負ければ、より気分は沈みがちになる。

 横浜DeNAのオーナー南場智子さんも、チームに日曜日は勝ってほしいと願う一人。「負けると、月曜日はほとんど試合がない。だから(火曜日までの)48時間機嫌が悪い」と、あるテレビ番組で笑いを交えて語っていた。

 東北楽天は日曜日の戦績が芳しくない。18戦して6勝12敗。勝率3割3分3厘は12球団ワーストだ。特に、敵地ではわずか1勝しかしていない。

 ペナントレースは終盤を迎え、東北楽天は自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が消えるなど厳しい戦いを強いられている。ならば、せめて、あと二つある日曜日の試合には快勝して、翌日からの生活にささやかな希望と活力を与えてほしい。