神戸が舞台&テーマの若手映像作品 WEB投票締め切り迫る「BE KOBE FILM AWARD」

©まいどなニュース

「BE KOBE FILM AWARD」のホームページ

神戸のウォーターフロントにある新名所「BE KOBE」モニュメント。そのメッセージは「神戸は、人の中にある」。この思いが掲げられた映像コンテスト「BE KOBE FILM AWARD」のWEB投票が行われている。投票期間は10月25日まで。

作品の題材は、神戸で働く魅力、神戸の人、神戸市内にある企業(ネスレ日本、神防社)。「神戸で暮らしたい、この企業で働きたい」と思うきっかけになるストーリーを、神戸ゆかりの6人の若手映像クリエイターが制作した。

エントリー作品は次の6作品。

「Focus on your days コーヒーのくれる時光」 監督・藤七海、チーム名・神戸芸術工科大学

「Focus on your days コーヒーのくれる時光」より

「Break Time」監督・金本真吾、チーム名・GAGAGAFILM

「Break Time」より

「ここで働く、ここで暮らす。」監督・田中康太郎、チーム名・Aoi CREATE(アオイ クリエイト)

「ここで働く、ここで暮らす。」より

「手紙」監督・坂本憲翔、チーム名・Ganache

「手紙」より

「Mavie」監督・一村龍佑、チーム名・マヴィ

「Mavie」より

「Kobo Girl Diary」監督・西脇えみ、チーム名・灘

「Kobo Girl Diary」より

視聴と投票は、「BE KOBE FILM AWARD」公式ホームページから。最終審査と表彰式は10月31日午後3時から4時半まで。オンライン配信される。

■「BE KOBE FILM AWARD」公式ホームページ https://bekobefilmaward.jp/