製造業向けのデジタル工場導入支援サービスをマクニカが提供開始

©株式会社マイナビ

マクニカは10月21日、デジタル化やDX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトを進める製造業を対象に「デジタル工場導入支援サービス」の提供を開始した。

今回、同社では製造現場の現状把握、課題設定を短期間に行うことを目的にシーメンスのPlant Simulationを活用した新たなサービスを提供する。

新サービスは、大まかな全体把握から徐々に精度を向上していくことが基本コンセプトとなっており、インプットとアウトプットのライブラリが用意されているため、必要となるデータを用意するだけで、コンピュータのデジタル空間上に実際の工場のモデルを7~8割程度の精度で再現することができる。

必要となるデータは、ワークフローや段取り時間、各設備の処理時間など、製造現場で記録されているデータが大半であり、デジタル空間上での工場のモデル作成は最短2週間で可能。また、作成したモデルをベースにシミュレーションを行うことで、現在の工場の状態や大まかな傾向の把握が可能とし、実際に取り組むべき課題や、そのために必要となるデータを明確化することができる。

これにより、DXプロジェクトを進める関係部署が、共通のデータをもとに全体把握・課題設定・投資判断を行うことを可能としている。