NHK「麒麟」来年2月7日まで

次期大河は翌週14日に開始

©一般社団法人共同通信社

NHK放送センター=東京都渋谷区

 NHKは21日、放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回を来年2月7日とし、次期大河ドラマ「青天を衝け」を2月14日から放送開始すると発表した。通常1~12月に放送する大河ドラマが越年するのは異例。

 明智光秀を主人公とした「麒麟―」は収録に参加していた俳優が麻薬取締法違反容疑で逮捕され、放送が当初の予定より遅れて開始。さらに新型コロナウイルス感染拡大の影響で放送を6月から8月下旬まで休止していた。越年して第44回まで放送する。

 「青天を衝け」の放送回数は未定。実業家渋沢栄一を主人公に幕末から明治期までを描く物語で、吉沢亮さんが主演する。