東京五輪「来年も難しい」85%

コロナ禍のスポーツ観戦意識調査

©一般社団法人共同通信社

五輪ボランティアを対象にサッカー会場となる宮城スタジアムで行われた見学会で、大型スクリーンに向かって手を振る参加者=7月、宮城県利府町

 産業能率大スポーツマネジメント研究所は7月末に実施した「コロナ禍のスポーツ観戦意識調査」の結果を21日までに発表し、東京五輪・パラリンピックについて84.8%が「現実問題として、来年の開催も難しいと思う」と回答した。「コロナ禍が収まり、来年無事に開催されてほしい」の設問は74.7%が同意した。

 プロスポーツの実施や観客の有無についての設問では「自粛で行われない日々はつまらなかった」が74.0%、「完全に終息するまでは会場での観戦は控えたい」は66.6%、「有観客試合開始のタイミングは早すぎた」は45.9%だった。