大分三好ヴァイセアドラー 開幕連敗スタートも若手が台頭

©オー!エス! OITA SPORTS

2020―21シーズンが開幕したバレーボールVリーグ。大分三好ヴァイセアドラーはホームで2試合を行い、J Tサンダーズ広島に連敗した。厳しいスタートとなった小川貴史監督は、「今季は(新型コロナウイルスの影響で)対外試合が少なく、外国人選手の合流が遅れ、チームの戦力が整っていない厳しい状況」と胸の内を明かしたが、若手の積極的な起用に関しては「可能性がある選手たち。仕掛けないとこの先に得るものはない」と先行投資し、昨季より9試合多くなった36試合の長丁場で結果を出すつもりだ。

 

 J T広島との試合は、2試合ともセットカウントを取れずストレート負け。試合序盤の入りの悪さを引きずり、20点に達したのが1セットだけ。小川監督は「勝負に持ち込める点差に至っていない」と厳しく評価。サーブレシーブは安定していたが、相手の高いブロックを攻略できずに苦戦した。敗れた以上、収穫を見いだすのは難しいが、進境著しい若手の躍動が挙げられる。開幕戦は大卒ルーキーの井口直紀古賀健太が、2試合目は井口と山田滉太が先発に名を連ねた。

 

 セッターの井口は、「緊張はしなかったが、これまでやってきたことが出せなかった」と不満顔。クイックを使い、大胆なトスワークを見せたが、両サイドとのコンビネーションが合わないことを悔しがった。それでも中学の頃から同じチームでプレーしてきた古賀との連携は悪くなく、得点を重ねた。山田は身長175㌢と小柄だが、強烈なサーブとバックアタックで会場を湧かせ、上々のデビューを飾った。また、大卒2年目の川口喬も昨季以上に攻撃での存在感を示し、多くのチャンスに絡めている。外国人選手のコンディションが整っていない今こそ若手にとっては大きなチャンス。さらなる活躍が期待できそうだ。

開幕2試合とも先発出場したルーキー井口直紀

第1セットで流れに乗れず、2試合とも攻撃の起点となるサーブレシーブは崩れなかったが、ブロックに捕まる場面が多かった。井口は「対策としてブロックのリバウンドを拾うことはできていたが、決め切る力が足りなかった。フィニッシュの前の2本目を触る自分が真ん中を使った攻撃を増やして、相手のブロックシステムを攻略する必要がある」と課題を挙げた。それでもトスがバランス良く散り始めてからは、複数のアタッカーが攻撃態勢に入る余裕が生まれてトスも改善。ブロックで失点する悪循環から抜け出した。サーブで崩し、粘りの守備から切り返すなど、目指すスタイルの一端を出せたことは光明だろう。

 

 今後も高さのあるスパイク、サーブ、ブロックで崩され、勝負どころで精度が上がる強豪に対し、サーブやレシーブなど個人の技術不足が差となるだろう。「経験を積んでいくしかない。フルセットに持ち込めるような体力やメンタルを含めた強さが必要」と小川監督は心身両面での課題を挙げた。伸び盛りの若手が輝けば、チームの成長も加速するはずだ。

シーズンを通して成長を示す大分三好

(柚野真也)