『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が異例の大ヒットを記録!!

©株式会社近代映画社

10月16日(金)に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、公開初日から3日間の興行収入と動員で、日本国内で公開された映画の歴代1位を記録した。

3日間の興行収入は前代未聞の46億円

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が異例の大ヒットを記録し続けている。
全国403の映画館での公開という破格の規模で10月16日に封切られた本作。TOHOシネマズ新宿では、前代未聞の上映回数が公開前から話題となった。

公開初日の興収(興行収入)は、平日の金曜日でありながら12億6872万4700円、動員91万507人を記録。土日を含めた3日間の興収は46億2311万7450円、動員342万493人を記録。単純比較は出来ないが、歴代興収4位(日本映画2位)を記録した『君の名は。』の3日間の興収が12億7,795万8,800円、動員95万9,834人という数字を見ると、『君の名は。』はもとより、308億円で日本歴代興収1位に輝く『千と千尋の神隠し』を超えることも夢物語ではなくなった。

その凄まじさは、ハリウッドのニュースサイトで“Japan’s ‘Demon Slayer’ Kills It With Record $44M Opening(日本の「鬼滅の刃」はオープニングの4400万ドルで記録を破る)"(DEADLINE)と、世界的のコロナ禍でのこの快挙を伝えられたほどだ。

竈門炭治郎:花江夏樹

「鬼滅の刃」は、集英社「週刊少年ジャンプ」で連載され、シリーズ累計発行部数1億部を突破する、吾峠呼世晴の人気コミックが原作。

『空の境界』シリーズなどを生み出したアニメスタジオufotableの制作で、2019年、原作1巻から7巻までを映像化した「竈門炭治郎立志編」がTVアニメ化。家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎が鬼になった妹・禰豆子を人間に戻すために《鬼殺隊》に入隊することから始まる本作は、放送がスタートすると、明快なストーリーの中に描かれる、人と鬼の切ない物語、鬼気迫る剣戟、またコミカルなシーンも人気を博し、ufotableが作り上げた映像美、LiSAが歌う主題歌「紅蓮華」の大ヒットなどもあり、国内のみならず、全世界で大きな話題となった。

竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野紘
嘴平伊之助:松岡禎丞

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、短期間の内に40人以上の行方不明者を出している《無限列車》が舞台。禰豆子(※1)を連れた炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎(※2)と合流し、無限列車へと乗り込む。
しかし、そこには、全ての鬼を生み出した元凶である鬼舞辻無惨直属の精鋭“十二鬼月”の一人・下弦の壱の魘夢が待ち構えていた。不気味な子守唄と共に妖しい笑みを浮かべる、彼の能力とは―。そして、炭治郎たちは、TVアニメで苦しめられた下弦の伍・累をも超える過去最強の敵・魘夢に、打ち勝つことが出来るのか――。

(※1)禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となります。
(※2)煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記となります。

煉獄杏寿郎:日野聡
魘夢(下弦の壱):平川大輔

「SCREEN+Plus vol.69」で下野紘と松岡禎丞、日野聡のインタビューを掲載

現在発売中の「SCREEN+Plus(スクリーンプラス)vol.69」(近代映画社刊)では、善逸役の下野紘と伊之助役の松岡禎丞の対談、煉獄役の日野聡のインタビューを計10ページで掲載。

「大画面で観ていただくと、迫力などに圧倒されつつも、感動すると思います。それくらいのクオリティですし、我々もキャラクターとして、情熱や熱意を込めさせていただきました」(下野紘)

「我々が全力で演じたキャラクターと、ufotableさん渾身の作画、そして梶浦由記さん、椎名豪さんの音楽を、劇場の音響と大画面で体感できるのは、本当に素晴らしいことだと思います」(松岡禎丞)

「想いの強さ、人との絆、人生や命の在り方が問われる作品となっているので、みなさまも自分の人生と照らし合わせて、たくさんのメッセージを受け取ってもらえたら幸いです」(日野聡)

と本作について熱く語っている。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
配給:東宝・アニプレックス
大ヒット公開中
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

「鬼滅の刃」公式ポータルサイト

SCREEN+Plusの詳細はこちらから▼

SCREEN+Plus