学術会議元会長に意見聴取

自民、公務員処遇を疑問視

©一般社団法人共同通信社

 日本学術会議の在り方を検証する自民党のプロジェクトチーム(PT)は21日、党本部で会合を開き、大西隆氏、黒川清氏ら学術会議元会長3人に意見を聞いた。出席議員からは、会員を特別職の国家公務員とする処遇に疑問の声が相次いだ。大西氏は国際的観点を踏まえた学術会議組織の重要性と、会員選任の独立性の担保を訴えた。

 PT座長の塩谷立元文部科学相によると、元会長らは会員が国家公務員である必要性は感じないとの認識を示したという。大西氏は記者団に「分かりにくい点もある」と語った。

 大西、黒川両氏は記者団に、菅義偉首相が拒否理由を説明すべきだと強調した。