楽天悪夢4連敗で今季初4位転落…涌井5回5失点が誤算

©株式会社東京スポーツ新聞社

楽天・三木監督

負の連鎖が止まらない。楽天が21日のオリックス戦(楽天生命)で5―6と競り負け。これで引き分けを挟み4連敗となり、借金も2に膨れ上がった。さらに、この日は3位で並んでいた西武が2位・ロッテに勝ったため、とうとう4位へと転落。奇跡のCS進出が遠のくばかりか、今季初のBクラス陥落でますます厳しい状況へと追いやられた。

先発の涌井が5回5失点と誤算。打線は初回にロメロの21号3ランなどで一挙4得点を奪ったが、3回以降は連打が出ずに沈黙。1点を追う8回に途中出場の下水流が同点適時三塁打を放つも、流れを完全には引き寄せられなかった。

5―5の9回からマウンドに立った5番手・松井が大城に痛恨の勝ち越しソロを被弾。9回裏の攻撃で相手守護神のディクソンを攻め立て、二死満塁としたものの最後は4番・島内が空振り三振に倒れ、1点差のまま試合終了となった。