無職のウィルシャー、自分のクラブで練習する

©株式会社コリー

昨季限りでウェストハム・ユナイテッドとの契約が満了になり、フリーエージェントとなったMFジャック・ウィルシャー。

アーセナルでの最後の1年は復活を印象づけたものの、その後ウェストハムに移籍したあとで再び怪我をし、それをきっかけにポジションを喪失。2年で16試合のみの出場に終わった。

現在はフリーであたらしいクラブを探している状況にあるのだが、今回自分が経営に関与している「NCF Elites」でトレーニングを行ったという。

鋭い動きからパス交換をし、腰を捻っての左足シュート!わずかに外れたが動きはキレがあるぞ。

なお、ウィルシャーはかつて代表での同僚だったスティーヴン・ジェラードから誘いを受けており、グラスゴー・レンジャースへの加入が噂されている。

【関連記事】アーセナル、「売ったことを後悔した」5名のスター

その他スペインやイタリアのクラブとも交渉を行っていると伝えられており、あとしばらくで次の活躍の場が見つかるのではないかと推測されているぞ。