オバマ氏、激戦州でバイデン氏支持訴え トランプ氏を痛烈に批判

©ロイター

[フィラデルフィア/ガストニア(米ノースカロライナ州) 21日 ロイター] - 米大統領選まで2週間を切る中、オバマ前米大統領は21日、激戦州ペンシルベニア州で民主党候補のバイデン前副大統領の応援演説を行い、バイデン氏への支持を訴えるとともに、共和党のトランプ大統領をこれまでになく痛烈に批判した。

オバマ氏が対面式の選挙活動に姿を見せるのは初めて。

オバマ氏は、フィラデルフィアで行ったドライブイン方式のイベントで、バイデン氏と副大統領候補のハリス上院議員のために演説。社会の分断を招くトランプ氏の発言や、大統領としての実績、陰謀説をリツイートする習慣などを強く批判した。

また、トランプ氏の新型コロナウイルス対応を激しく非難し、「トランプ氏が突然、国民を守ってくれることはない。彼は自分を守るための基本的な対策すら取れないのだ」と述べた。

その上で「これはリアリティー番組ではなく、現実だ」とし、「彼が大統領職に真剣に取り組まなかった結果をわれわれは引き受けさせられている」と酷評した。

スタジアムの駐車場で行われたイベントには約280台の車が距離を開けて乗り入れ、バイデン陣営が新型コロナ感染拡大以降に実施したこの種のイベントとしては最大規模となった。

オバマ氏はこれより先、地元の黒人政治家や地域の人々、宗教指導者などとの討論会にも参加し、バイデン氏や他の民主党候補者への投票を訴えた。

オバマ氏は「過去4年間、決して希望を失わなかった。怒りや苛立ちを感じたことはあったが、希望は失っていない。なぜなら、まっすぐに前進する道のりは予想していなかったからだ」と述べた。

バイデン氏は、出身地ペンシルベニア州での勝利を確実にするため、選挙活動で他の州よりも頻繁に同州を訪れている。

ロイター/イプソスが19日発表した世論調査によると、同州での支持率は、バイデン氏が49%、トランプ大統領が45%で、依然バイデン氏がリードしているが、トランプ氏が追い上げている。

オバマ氏は「前例のないほどに投票に行く必要がある。今回の選挙では疑問の余地を残してはならない」と述べ、気を緩めないよう促した。

トランプ氏は別の激戦州ノースカロライナ州で開いた集会で、オバマ氏が2016年大統領選で応援した民主党のヒラリー・クリントン氏が敗北したことに言及した。

また、新型コロナの行動制限が同州の経済に悪影響をもたらしているとし、民主党やメディアはコロナのことばかり問題にしていると批判。「耳にするのはコロナ、コロナばかりだ。皆を怖がらせたいからだ」と主張した。

バイデン陣営によると、オバマ氏は24日にフロリダ州マイアミで応援演説を行う。

22日夜には両候補による最後の討論会が行われる。

*内容を追加して再送します。