客足回復へ商品券 金沢・森本商店街振興会

©株式会社北國新聞社

 金沢市の森本商店街振興会は、コロナ禍で落ち込んでいる客足を取り戻そうと、加盟店で使える森本商店街プレミアム商品券を販売する。22日から予約を受け付ける。販売に合わせてオリジナルキャラクター「モリモット」と「モーリー」も作った。逆境の中、会員一丸となって知恵を絞り、地元商店街に活気を呼び込む。

 商品券は、商店街加盟の飲食店や病院など69店で11月20日~来年1月31日まで使える。1枚1千円の券が13枚入った冊子になっており、1冊1万円で販売し、3千円分お得となる。市の金沢元気回復商品券支援事業を活用した。

 さらに振興会は、地元以外の人にも森本商店街に親しみを持ってもらおうと、商品券発売に合わせ、商店街のオリジナルキャラクターを考案した。

 誕生したのは、モルモットと森本を掛け合わせた「モリモット」と自然豊かな森本を表現した「モーリー」で、商品券やポスターに描かれている。デザインを手掛けたイラストレーター荒木明日子さん(53)=深谷町=は「森本らしさを表現できた」と話した。

 商品券購入の予約は22日から11月5日まで。冊子は2千部用意し、予約多数の場合は抽選となる。当選者にははがきを送付し、同20、21日に吉原町の「マイモールモリモト」で引き換える。

 振興会長の的場昭浩さん(59)は「商品券とキャラクターの相乗効果で、森本商店街に愛着を持つ人が増えてほしい」と期待した。