田村淳、『グッとラック!』スタッフが悲鳴「打ち合わせができない」

©株式会社光文社

10月15日、淳は『グッとラック!』の放送を終えて、スタッフたちに見送られながら迎えの車に

「以前は、なんとか3%を保っていた視聴率が、まさかリニューアル後に2%台に落ちるとは……」(TBS関係者)

平日の朝8時から放送されている情報番組『グッとラック!』(TBS系)の苦戦が続いている。落語家・立川志らく(57)のメインMCで始まって約1年。9月28日からは、毎日出演する「メインコメンテーター」として、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)を起用。

視聴率アップのための、テコ入れだったが……。

「淳さんは、番組に対して一生懸命ですね。ただ、僕らは打ち合わせができないんです」と明かす番組スタッフによると現在、『グッとラック!』では、志らくと淳は個別に、チーフプロデューサーとだけしか打ち合わせをしないという。

「志らくさんたちの考えが “密室” で伝えられていて、僕らにはわかりません。このあいだもトークがテーマからずれたり、スタジオの展開が思ってもいない形になって、困りました。

淳さんは、チーフPには番組への率直な意見を言ってくれているようなので、『僕らもその内容を聞いてみたい』とスタッフ間で話しているんです」(同前)

スタッフにも、「ご意見番」の声を!

(週刊FLASH 2020年11月3日号)