新協力隊員はイラン出身 久慈初の外国人、畜産通じ地域おこし

©株式会社岩手日報社

地域おこし協力隊の辞令書を手にするベルズィアン・ダブッドさん(右)と遠藤譲一市長

 久慈市は19日、地域おこし協力隊にイラン出身のベルズィアン・ダブッドさん(58)を任命した。同市で外国人が協力隊に入るのは初めて。市山形総合支所産業建設課に所属し、最新技術を用いた畜産業の推進に携わる。

 辞令交付式は市役所で行われ、遠藤譲一市長がダブッドさんに辞令書を手渡した。

 東京都港区南麻布のイタリアン料理店で約30年シェフやマネジャーを務めていたダブッドさん。幼いころから自然や緑に興味があり、「いつかは自分も畜産や農業に携わりたい」との思いから、同隊員に応募した。