23日(金)朝 東京は通勤通学時に雨 全国的に風強まる

©株式会社ウェザーマップ

22日(木)午前中は東京や大阪など、日差しの出た所もあったが、天気は下り坂に向かっている。東京都心は午後は次第に雲が広がり、今夜以降は雨が降り出す見込み。あす23日(金)にかけては、西日本だけでなく、東・北日本でも雨の強まる所がありそうだ。

 九州など西日本は、昨夜から雨の範囲が広がり、今朝は九州南部で局地的に非常に激しい雨を観測した。午後は、発達した雨雲が四国から近畿へ移動し、23日(金)は東日本でも雨の強まる所がある見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。なお、沖縄・奄美でも夕方にかけて、局地的に雷を伴い雨の降る所がある見通し。

23日(金)荒れ模様

 22日夕方から23日未明にかけて、四国の太平洋側や紀伊半島で、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがある。東日本の雨は23日明け方~朝がピークで、東京など関東南部は朝の通勤通学の時間帯と重なる所がありそうだ。なるべく時間に余裕を持った行動を心がけたい。また、北海道にも発達した雨雲がかかる予想で、23日の日中は局地的に雷を伴った激しい雨の降る所がある見込み。全国的に強風や高波にも注意が必要で、特に北海道は遅い時間ほど風が強まるおそれがある。

週末の天気

 24日(土)は西日本で秋晴れの所が多くなり、東・北日本でも太平洋側は晴れ間が戻る見通し。 一方、北陸から北の日本海側は、西寄りの風が強い状態が続き、寒気の影響で変わりやすい天気が続く予想となっている。25日(日)も関東から西の各地はよく晴れる予想だが、北日本は風が強く日本海側で冷たい雨の所がありそうだ。西・東日本の太平洋側は土日とも、最高気温が21℃~24℃くらいで、日中は過ごしやすい見込み。 (気象予報士・高橋和也)