ワニの次は…大ダコ/鯵ケ沢の海岸にサンドアート新作

©株式会社東奥日報社

砂浜に現れた巨大なタコのサンドアート=19日午後3時半

 今度は巨大ダコ!? 青森県鯵ケ沢町のはまなす公園近くの砂浜に、幅10メートル以上とみられる新たなサンドアートが登場した。新型コロナウイルス感染拡大で緊張が広がる町に、心を和ませる話題を提供している。

 地元住民によると、19日までに姿を現した。今年夏に巨大ワニを作った若者グループが制作した。

 同日、砂浜の人出はまばらだったが、新型コロナの影響で臨時休校した弘前市内の親子連れが散策。男子児童の30代母親は「家にずっといてもゲームをしたり、テレビを見てばかりなので外の空気を吸いに来た」と言い「こんな大きなタコは実在しないと思うが、リアルで上手ですね」と驚いていた。

 同町では17、18日、町職員2人が新型コロナに感染していることが相次いで確認された。