岩手県北バスとJR東日本 岩手・八戸で地域連携ICカードを導入

©株式会社自動車新聞社

岩手県北バスを運行する岩手県北自動車株式会社は岩手県と八戸エリアで「地域連携ICカード」を利用したIC乗車サービスの提供を開始する。同社を傘下に収める、みちのりホールディングスが発表した。

岩手エリアにおいて、岩手県北自動車と東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は、「地域連携 IC カード」を利用したIC乗車サービスの提供について合意した。今回のサービス提供は、東北エリアのバス事業者では路線バス全車両に導入する初めてのケースになる。また、八戸エリアについては八戸市も加わり、公営と民営の事業者が協力してエリア全体で導入するのも初のケースとなる。

「地域連携ICカード」は、バスの定期券や各種割引などの地域独自サービスと、Suicaのサービスが1枚で利用可能な2in1カードだ。地域連携ICカードの特長を生かすために、ポイントサービス・乗継割引など、地域独自のサービスを導入し、利便性向上を目指す。

また、既存のSuicaやSuicaと相互利用可能な他の交通系ICカードでバスを利用できるようになり、観光など県外から顧客の利便性も向上する。さらに、精算方法がキャッシュレスになることにより、新型コロナウイルス感染予防対策としての効果も期待する。

導入後は、乗降データの利活用により、利用状況に合わせた運行経路やダイヤの見直しも行うことで、地域内公共交通の利用促進を図る考えだ。

岩手県北自動車では、地域内の交通事業者が連携して、ユーザーの利便性向上に資する共通サービスを実現できるよう検討し、将来的な地域内におけるMaaSの実現に向けても取り組んでいく。

■IC乗車サービス対象路線(予定)

岩手県:岩手県北自動車が運行する岩手県内の全路線

八戸エリア:八戸市交通部及び岩手県北自動車南部支社が運行する八戸エリアの全路線

いずれも2022年春までのサービス開始を予定している。