ドラフト、佐藤と早川1位重複か

社会人は栗林、佐々木

©一般社団法人共同通信社

佐藤輝明内野手(近大)

 26日のプロ野球ドラフト会議で上位指名が予想される大学生、社会人などを探った。

 目玉は佐藤輝明内野手(近大)と早川隆久投手(早大)で、1位指名で重複の可能性がある。佐藤は関西学生リーグ通算本塁打記録を更新した左強打者。走塁、守備の評価も高く、オリックスが1位指名を公表した。左腕の早川は球速155キロの直球に球威があり、変化球の精度も高い。ロッテが1位指名を決めた。

 社会人では右本格派の栗林良吏(トヨタ自動車)は制球力が光り、左の佐々木健(NTT東日本)は直球に力がある。昨年の都市対抗大会でJFE東日本の優勝に貢献した今川優馬外野手も指名がありそうだ。