板垣瑞生&松井愛莉、即日婚の夫婦役 『社内マリッジハニー』実写ドラマ化

©株式会社マイナビ

俳優の板垣瑞生とモデルで女優の松井愛莉が、MBSやテレビ神奈川で11月12日にスタートするドラマ特区『社内マリッジハニー』でダブル主演を務めることが22日、明らかになった。原作は、藤原えみ氏による同名コミック。小学館『プレミア Cheese!』で連載が開始されて以降、女性を中心とした読者から多くの支持を集め、6巻発売ではやくも累計60万部を突破している人気作だ。

ダブル主演を務める板垣瑞生と松井愛莉

物語は、彼氏に浮気をされて婚約を解消し、自暴自棄になった春田あみ(23)が婚活アプリで出会った三浦真夏(26)と、顔も合わせずに即日婚をするところから始まる。真夏が投稿した「即日結婚してくれる女性を募集します」という文字に惹かれ、やけくそで結婚を選んだあみは、結婚に愛なんていらない、ただ結婚できればいい、と思っていた。

形だけの新婚生活を始めた2人だったが、あみは真夏の優しさや男気に少しずつ惹かれていく。しかし後日、2人が同じ会社に勤めていることが判明。会社にも友人にも打ち明けられず、秘密の社内結婚状態に。しかも真夏には即日婚をした“ある秘密”があった。嘘だらけの新婚生活は、大きく揺れながら少しずつ甘味を帯びていく……という大人のラブコメディだ。

愛情表現が下手なドSの新郎・三浦真夏役には板垣瑞生が決定。板垣は、2015年公開の映画『ソロモンの偽証』でその端正な顔立ちと中学生らしからぬ卓越した演技で話題をさらい、同年に日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞。本年も『映像研には手を出すな!』、そしてNHK連続テレビ小説『エール』ほか、多数の話題作に出演している。

そして、あざとかわいい女子の新婦・春田あみ役には松井愛莉が決定。松井は、今年8月まで約7年雑誌『Ray』専属モデルを務め、10代~20代女子から絶大な人気を獲得する一方、今年は初主演映画『癒やしのこころみ』が公開されたほか、NHK Eテレのバラエティ番組『沼にハマってきいてみた』のMCとしてレギュラー出演するなど、ジャンルを問わないマルチな人気と確かな実力で活躍している。

板垣は「こんにちは、板垣瑞生です。今回、三浦真夏役を演じさせて頂きます。今までも少女漫画原作の作品には関わらせて頂いたのですが、基本恋が叶わなかったりちょっと届かなかったりすることが多くて、今回やっとまっすぐ恋愛するな! と思ったらまさかの色んなものを通り越して、マッチングアプリで電撃婚させて頂くことになりました。はじめての夫婦役なので、あみ役の松井愛莉さんと手を取り合って頑張って素敵な夫婦になろうと思います。二十歳一本目、初めて尽くしなので楽しんで良い作品にしたいと思います」と意気込み。

松井は「春田あみを演じます松井愛莉です。私が演じるあみは自覚のあるあざとい女子。こんなにきゅんきゅんさせるお話しの役は初めて挑戦するので不安もあるのですが、精一杯楽しんで演じたいと思います。あざとく仕掛けるあみと板垣さん演じる真夏のドSの掛け合い、そして2人の気持ちや関係性がどう動いていくのか一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです」とメッセージを寄せた。

また、原作者の藤原えみ氏も「『社内マリッジハニー』が実写ドラマ化されることになり、とても嬉しく思っています。真夏役の板垣瑞生さんは、一目見たら忘れられないような存在感があり、あみのあざと攻撃が効かない素敵な真夏が見られるのが今から楽しみです。あみ役の松井愛莉さんは、漫画の資料に買っていた雑誌でよく拝見していたのでイメージぴったりと驚いています。この漫画は、好きな人(限定)にはあざとかわいくアピールをする、そんな自分も好きというあみと、夫の真夏の日常を描いた漫画です。夫婦の何気ない日常の幸せをドラマでも見られることを楽しみにしています」と期待している。

ドラマ特区『社内マリッジハニー』は11月12日スタート(テレビ神奈川23:00~ MBS24:59~)。関東では11月13日よりチバテレ、11月18日よりテレ玉、11月19日より群馬テレビ&とちテレの放送も決定している。そして、TELASA、auスマートパスプレミアム、J:COMオンデマンド、milplusで見放題独占配信が決定している。

(C)「社内マリッジハニー」製作委員会・MBS (C)藤原えみ/小学館