板垣瑞生が“ドS男子”の新郎に 松井愛莉と新婚生活『社内マリッジハニー』ドラマ化

©ブロードメディア株式会社

ドラマ特区『社内マリッジハニー』W主演を務める(左から)板垣瑞生、松井愛莉(C)「社内マリッジハニー」製作委員会・MBS (C)藤原えみ/小学館

累計60万部を突破している人気コミック『社内マリッジハニー』が、11月より実写ドラマ化され、俳優の板垣瑞生とモデルで女優の松井愛莉がダブル主演を務めることが発表された。

藤原えみによるコミック『社内マリッジハニー』(小学館)は、「プレミアCheese!」で連載が開始されると瞬く間に人気を集め、現在は「Cheese!」本誌に移行して連載中。ウェブ雑誌「アンドフラワー」でも番外編連載がスタートするなど、現在注目を集めている大人のラブコメディだ。

物語は、彼氏に浮気をされて婚約を解消し、自暴自棄になったヒロインの春田あみが、婚活アプリで出会った三浦真夏と、顔も合わせずに即日婚をするところから始まる。真夏が投稿した「即日結婚してくれる女性を募集します」という文字に惹かれ、やけくそで結婚を選んだあみは、結婚に愛なんていらない、ただ結婚できればいい、と思っていた。

こうして形だけの新婚生活を始めた2人だったが、あみは真夏の優しさや男気に少しずつ惹かれていく。しかし後日、なんと2人が同じ会社に勤めていることが判明。会社にも友人にも打ち明けられず、秘密の社内結婚状態に。しかも真夏には、即日婚をした“ある秘密”があった。嘘だらけの新婚生活は、大きく揺れながらも少しずつ甘味を帯びて…。

板垣が演じるのは、愛情表現が下手なドSの新郎・三浦真夏役。板垣は2015年公開の映画『ソロモンの偽証』での演技で話題をさらい、同年に日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞。今年も『映像研には手を出すな!』やNHK連続テレビ小説『エール』など、多数の話題作に出演している。本作への出演について、板垣は「はじめての夫婦役なので、あみ役の松井愛莉さんと手を取り合って頑張って素敵な夫婦になろうと思います。二十歳一本目、初めて尽くしなので楽しんで良い作品にしたいと思います」と抱負をコメント。

そして松井が演じるのは、あざとかわいい女子の新婦・春田あみ役。松井は2013年に「ゼクシィ」6代目CMガールに抜てきされた後、2020年8月まで約7年間雑誌「Ray」専属モデルを務め、10代~20代の女子から絶大な人気を獲得。その一方、今年は初主演映画『癒やしのこころみ』が公開されたほか、バラエティ番組『沼にハマってきいてみた』(Eテレ)のMCとしてレギュラー出演するなど、幅広いジャンルで活躍している。出演にあたり松井は「こんなにきゅんきゅんさせるお話しの役は初めて挑戦するので不安もあるのですが、精一杯楽しんで演じたいと思います」と語っている。

原作者の藤原は、ドラマ化について「真夏役の板垣瑞生さんは、一目見たら忘れられないような存在感があり、あみのあざと攻撃が効かない素敵な真夏が見られるのが今から楽しみです。あみ役の松井愛莉さんは、漫画の資料に買っていた雑誌でよく拝見していたのでイメージぴったりと驚いています」と話し、「夫婦の何気ない日常の幸せをドラマでも見られることを楽しみにしています」と期待のコメントを寄せている。

ドラマ特区『社内マリッジハニー』は、MBSにて11月12日より毎週木曜24時59分、テレビ神奈川にて同日より毎週木曜23時、チバテレにて11月13日より毎週金曜24時、テレ玉にて11月18日より毎週水曜24時、とちテレにて11月19日より毎週木曜22時30分、群馬テレビにて同日より毎週木曜23時30分放送。