陸王ダービー2020予選総合順位を発表。決勝への切符を掴み取った4人は誰だ!?

©株式会社 内外出版社

全国規模の陸っぱりバス釣り大会『陸王ダービー』の予選が無事終了し、A〜Dブロックの総合順位が発表された。各ブロックの勝者1名が決勝となるチャンピオンカーニバルへの切符を手にすることになる。本記事では、各ブロックの総合順位と4名の決勝進出者をご紹介。決戦の日は10月25日(日)。ルアマガプラスにてその模様をライブ配信予定だ。

各ブロックの総合順位と入賞者を発表!

全国のアングラーの皆様、こんにちは。そして、陸王ダービー参加者の皆様、長きに渡る戦いお疲れ様でした!

本記事では、先日発表された各ブロックの総合順位を振り返り、参加者全員の健闘を称えるとともに、来たる10月25日開催予定の決勝戦『陸王ダービー2020チャンピオンカーニバル』についてご紹介していきます。

担当は自身も毎年陸王オープン&ダービーに参戦し、全国の陸王戦士達の動向を常にチェックしている自称「陸王ウォッチャー」(?)の大場です。

それでは早速、ブロックA(関東エリア)の総合順位から見ていきましょう。各試合での順位と獲得ポイントについては下記の表でご確認ください。

各試合の獲得ポイント。全3戦の合計獲得ポイントで総合順位が決定された。(46位以下は一律5ポイント)

ブロックA【関東エリア】(霞ケ浦水系・利根川・印旛沼水系)

<<ブロックA入賞者>>
おめでとうございます!
【優勝】
 "piro19"
【2位】
 "ゆず0417"
【3位】
 "マーキ"
【ビッグフィッシュ賞】
 "黒茶丸"(54.0cm / 7月)※同記録が複数人いる場合は、より早い時期に釣ったアングラーを選定しています。

ブロックB【中部エリア】(河口湖・西湖・大江川・五三川)

<<ブロックB入賞者>>
おめでとうございます!
【優勝】
 "保坂 勇太"
【2位】
 "siego."
【3位】
 "kimiyasu327"
【ビッグフィッシュ賞】
 "保坂 勇太"(59.5cm / 7月)

ブロックC【関西・中国エリア】(淀川・紀の川・芦田川水系・倉敷川)

<<ブロックC入賞者>>
おめでとうございます!
【優勝】
 "NOB-RC"
【2位】
 "たにけん"
【3位】
 "ええやんかぁ〜の人(HASSY)"
【ビッグフィッシュ賞】
 "NOB-RC"(59.0cm / 7月) ※同記録が複数人いる場合は、より早い時期に釣ったアングラーを選定しています。

ブロックD【四国・九州エリア】(旧吉野川・府中湖・波介川・遠賀川・日指ダム)

<<ブロックD入賞者>>
おめでとうございます!
【優勝】
 "りょうrj"
【2位】
 "OAKLEY"
【3位】
 "山口 諒也"
【ビッグフィッシュ賞】
 "OAKLEY"(56.5cm / 9月)
【レディース賞】
 "Ychan♀"

決勝進出者4名をご紹介!

それでは見事ブロック優勝を果たし、決勝への切符を勝ち取った各ブロックの猛者をご紹介しましょう!

ブロックA(関東エリア)代表 "piro19"

【Profile】
古徳浩幸[ニックネーム:piro19]

<陸王ダービー2020予選戦績>
【7月】1位:149.5cm(50.5cm/50.0cm/49.0cm)
【8月】5位:145.5cm(50.0cm/48.0cm/47.5cm)
【9月】1位:145.0cm(50.0cm/48.5cm/46.5cm)

<プロフィール>
生年月日:1981年4月(30歳)
血液型:A型
出身:茨城県
バス釣り歴:15年
得意な釣り:サイト

激戦区のブロックAで3ヶ月間コンスタントにデカバスを釣り続け、堂々のブロック優勝を果たした。これまでの陸王オープン決勝でも安定した強さを見せつけているブロックA代表選手。今回も優勝候補の筆頭か!?

<コメント>
プラの感触は、「マメしか釣れない」とのこと。目標ウエイトは「1本キロフィッシュ入れて2kg」。

※「パワー」ストロングな釣りが得意かどうか、「フィネス」フィネスな釣りが得意かどうか、「スピード」陸っぱりでの機動力・移動の速さ。「スタミナ」体力・粘り強さ。「メンタル」精神力。平常心や落ち着き・勝負強さ。※ご本人による評価です。

ブロックB(中部エリア)代表 "保坂勇太"

【Profile】
保坂勇太[ニックネーム:保坂勇太]

<陸王ダービー2020予選戦績>
【7月】1位:167.0cm(59.5cm/55.0cm/52.5cm)
【8月】1位:162.5cm(58.0cm/53.0cm/51.5cm)
【9月】1位:145.0cm(49.0cm/48.0cm/48.0cm)

<プロフィール>
1986年7月28日(34歳)
血液型:A型
出身地:山梨県
バス釣り歴:23年
得意な釣り:サイト、表層、ラバージグ

陸王オープン2019のブロックB優勝者にして、今年は陸王ダービーを全戦1位で予選通過したブロックBの絶対王者。昨年、大江川で行われた陸王オープンチャンピオンカーニバルでの経験を今年の決勝で生かすことができるか。陸王に賭ける思いは誰にも負けない!? 岐阜の借りは岐阜で返すしかない!

<プラクティスの感触と目標ウェイト>

「火曜日から入って合計5日間プラをしたのですが、完全無でしたね(笑)。途中キーパーサイズ変更で予定が変わりましたが、それでもやはり厳しい。魚が入ってくる地形やコースはだいぶ読めてきたのですが、タイミングと間合いが取るのが非常に難しいです。目標ウェイトは3,000gぐらいですかね。ベースはキーパーが下がったのでしっかり抑えるとして、キッカーを入れられかどうが試合展開の大きな鍵になると思います」

※「パワー」ストロングな釣りが得意かどうか、「フィネス」フィネスな釣りが得意かどうか、「スピード」陸っぱりでの機動力・移動の速さ。「スタミナ」体力・粘り強さ。「メンタル」精神力。平常心や落ち着き・勝負強さ。※ご本人による評価です。

ブロックC(関西・中国エリア)代表 "NOB-RC"

【Profile】
佐野亘彬[ニックネーム:NOB-RC]

<陸王ダービー2020予選戦績>
【7月】1位:170.0cm(59.0cm/56.0cm/55.0cm)
【8月】2位:160.5cm(54.0cm/54.0cm/52.5cm)
【9月】1位:165.5cm(57.5cm/56.0cm/52.0cm)

<プロフィール>
生年月日:1986年5月28日(34歳)
職業:ケーキ職人
血液型:AB型
出身地:大阪府
釣り歴:30年
好きなバスプロ:大森貴洋
得意な釣り:フィネス以外何でも

陸王オープン2020ブロックC優勝者がダービーでも決勝への切符を勝ち取った。陸王オープン決勝での悔しさをバネに初代陸王ダービー王者を目指す!

<コメント>
「目標ウェイトは3,000g。3日間プラをして6バイト。この時期の長良川、簡単ではありませんね。キーパーサイズの20cmなら数釣れますが、今日はでかいの狙いに行きますよ!」

※「パワー」ストロングな釣りが得意かどうか、「フィネス」フィネスな釣りが得意かどうか、「スピード」陸っぱりでの機動力・移動の速さ。「スタミナ」体力・粘り強さ。「メンタル」精神力。平常心や落ち着き・勝負強さ。※ご本人による評価です。

ブロックD(四国・九州エリア)代表 "りょうrj"

【Profile】
祖川遼[ニックネーム:りょうrj]

<陸王ダービー2020予選戦績>
【7月】1位:158.5cm(54.0cm/53.5cm/51.0cm)
【8月】1位:156.0cm(54.0cm/53.0cm/49.0cm)
【9月】5位:147.5cm(51.5cm/49.0cm/47.0cm)

生年月日:1999年7月26日(21歳)
職業:大学生
血液型:O型
出身地:徳島県
釣り歴:バス釣りは2年半、ソルトフィッシングなどは幼少期から。
好きなバスプロ:金森隆志 秦拓馬 青木大介
好きなアーティスト:米津玄師(同郷出身のため)
将来の夢:バスプロ、看護師

<プラクティスの感触>
「3日間入って、毎日変わる状況は違いましたが良かったかなと。自分が思ってる場所に魚がいてくれてる感じです。初日は45cm頭にリミットメイクして、3,800gくらい。2日目は逆にダメダメでした。3日目は釣りせず見るだけでしたが、バスはしっかり確認できたのであとは本番つるだけです。目標は3kgベースに5kgまで持っていきたいです。」

<ホーム旧吉野川と長良川の比較>
「川幅が広いですね。それに対してバスの個体数は少ない感じ。旧吉野川と違って、水路のような逃げ場がないので、そこが難しいところです。あと流れが読みにくいので、どう合わせて行くかもキーになりますね」

デスリバー旧吉野川でデカバスを釣りまくり、強豪の遠賀川勢を抑えて総合優勝を果たした実力者。他の選手も脅威に感じているに違いない。陸王オープン&ダービー決勝史上最年少出場の20歳が今大会のダークホースとなるか!?

※「パワー」ストロングな釣りが得意かどうか、「フィネス」フィネスな釣りが得意かどうか、「スピード」陸っぱりでの機動力・移動の速さ。「スタミナ」体力・粘り強さ。「メンタル」精神力。平常心や落ち着き・勝負強さ。※ご本人による評価です。

開催日は10月25日! ルアマガプラス配信で誰でも無料で見られるぞ!

さあ! 盛り上がってきたぞ、今年初開催となる陸王ダービーチャンピオンカーニバル! 4人全員が過酷なブロック予選を勝ち抜いた猛者ばかり! 勝利を手にし、陸王モバイルへの参戦権を掴み取るのは一体誰になるのでしょうか!?

決戦の日は10月25日(日)!

気になるフィールドは当日まで非公開です。ぜひ色々と想像を膨らませながらお待ちください!

なお、今大会はルアマガモバイルではなく「ルアマガプラス」でその様子をライブ配信します。会員登録など不要で誰でもご覧いただけますのでぜひ、大会当日はルアマガプラスをチェックしてみてください!

それでは全国のアングラーの皆さん、そして陸王ファンの皆さん、10月25日、ルアマガプラスでお会いしましょう! 男達のプライドを賭けた全身全霊の戦いを見逃すな!

陸王ダービー2020決勝戦の実況はこちらから!

関連記事はこちら