PS5の対応ストリーミングアプリ発表、Apple TVやネトフリなど。Amazonは後日

©株式会社 音元出版

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 5(PS5)の、11月12日の発売初日から楽しめるストリーミングサービスと、後日対応予定のストリーミングサービスを発表した。

PlayStation 5(PS5)

発売初日に使用できるサービスは「Apple TV」「Netflix」「Spotify」「Twitch」「YouTube」「Amazon Prime Video」「DMM.com」「Hulu」「U-NEXT」など。

特に「Apple TV」が初日から使えることに注目したい。Apple TV+、Apple TVチャンネルが利用できる。また、Apple TVで購入した映画やテレビ番組も視聴できる。なお、Apple TVアプリはPlayStation 4でも利用可能になる。

なおPS5では、メディアエンターテインメントが使える専用のスペース(メディアホーム)を用意。ゲームのホーム画面のすぐ横にあり、ゲームとメディアコンテンツを素早く切り替えられる。

また、別売りのメディアリモコンでPS5本体の電源をオンにし、ボタン操作ひとつでNetflix、Spotify、YouTubeなどのアプリを起動することも可能だ。

PS5は11月12日に発売される。Ultra HD Blu-rayディスクドライブ搭載の通常モデルが49,980円(税抜)、光学ドライブ非搭載の「デジタル・エディション」が39,980円(税抜)。