Instagramでブロックする・されるとどうなる?

©株式会社マイナビ

Instagramで不快なアカウントとつながってしまったことはありませんか? そんなときは、相手をブロックすることができます。でも、安易にブロックすると、かえって事態を悪化させるかもしれません。そこで、ブロックすると相手からどう見えるのか、何ができなくなるのか、しっかり把握しておきましょう。

ブロックするとどうなる?

相手をブロックすると、その人が自分のプロフィール画面を検索したとき「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されるようになります。

投稿、フォロー、フォロワー、ストーリーズは見えませんが、プロフィール画像とユーザーネームは見えます。「フォローする」ボタンは表示されますが、タップしてもフォローできません。

相手がブロック以前に行った自分への「いいね」やコメントは削除され、相手が自分にメンションしたり、タグ付けすることもできなくなります。

また、ブロックすると、こちらからもブロック相手の投稿、ストーリーズが見られなくなります。

ブロック以前のDMは、受信箱に残されます。しかし、相手が自分にメッセージを送っても通知は届きません。相手には未読の状態に見えます。また、ブロックした相手は自分にビデオチャットをかけることもできません。

ただし、相手と自分が含まれたグループメッセージをほかのアカウントが作った場合、相手とのやり取りが可能になります。グループに参加する際に注意喚起のダイアログが表示されるので、もしグループに参加したくない場合は、退出しましょう。

以上のように、ブロックしても相手には自分がInstagramにいることがわかります。そして、プロフィール画像とユーザーネーム、ほかのアカウントに自分がつけたコメントも相手から見られます。

さらに、ログインしないでブラウザから自分のInstagramを見られた場合、フィード投稿の画像は見られてしまいます。相手に見られたくない場合は、ブロックしたのちアカウントを「非公開」にするか、アカウントを新規に作り直すという手段もあります。

相手をブロックする、ブロック解除する

ブロックは、相手のプロフィール画面から行います。フォローの有無に関係なくブロックできます。ブロックしたことは相手に通知されません。ブロックは解除できますが、一度ブロックするとフォローが外れるため、再度フォローする必要があります。

著者 : 鈴木朋子

すずきともこ