コメリ/山形おきたま農業協同組合とJA購買事業で協業

©株式会社流通ニュース

コメリと山形おきたま農業協同組合(JA山形おきたま)は10月23日、置賜地域の農業振興と地域振興のために、業務提携に向けた基本合意を締結し、協議を開始すると発表した。

この取り組みは、今年3月から開始した上伊那農業協同組合(JA上伊那)との取り組みに続くもの。

コメリは、全国46都道府県の1200を超える店舗のネットワークを活かし、地域特性に応じた農業の発展をサポートしている。今年3月からは、JA商品の販売をJA上伊那管内のコメリ店舗(8店舗)で開始し、金物・工具、木材・資材、園芸用品、家庭用品などの商品もJA商品と同時に購入できるようになり、JAの組合員を含めた農業者から、「これまで以上に便利になった」との声を得ている。

JA山形おきたまは、1994年4月に山形県置賜地域内9つの総合JAと1専門農協が合併した8行政管内の広域JA。「米」「ぶどう」「米沢牛」を柱に生産・販売を行い、農業と地域社会に根ざした豊かで暮らしやすい地域社会の実現に向けた取り組みを行っている。

農業を取り巻く環境が非常に厳しい中、コメリとJA山形おきたまが双方の経営資源を有効活用することで農業者の利便性の向上が期待でき、農業者支援のシナジーの創出が可能であると判断した。

業務提携の具体的内容は今後協議して決定するが、来春から、JA山形おきたま管内のコメリ店舗で、JA山形おきたまが取り扱う肥料・農薬・農業資材等の商品の販売を順次開始し、拡大することを想定している。

■山形おきたま農業協同組合の概要
本所所在地:山形県東置賜郡川西町大字上小松978-1
組合員数:29,957人(正組合員19,251人、准組合員10,706人)
構成市町村:米沢市・長井市・南陽市・高畠町・川西町・小国町・白鷹町・飯豊町(3市5町)
拠点数の概要:本店、支店、出張所16カ所
グリーンセンター(営農資材店舗)7カ所