『モニタリング』笑福亭鶴瓶に謝罪強要? ドッキリ企画に非難「やりすぎだ」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

10月22日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、『コロコロチキチキペッパーズ』(コロチキ)のナダルをターゲットにしたドッキリ企画が放送された。ナダルが理不尽な理由で謝罪させられる展開を見た視聴者は、「さすがにかわいそう」と番組を批判している。

『コロチキ』の2人が打ち合わせで飲食店を訪問。隣室にモノマネ芸人の松村邦洋が入り、笑福亭鶴瓶の声マネを披露。ナダルが本物と信じ込むのか確かめた。

ナダルらの部屋に店員が卵焼きを持ち込み、ナダルらは数個を食べたが、隣室から「卵焼きが届いていない」との声が飛んでくる。店員がナダルの部屋に入り、「卵がもうないので追加で作ることができない」と、ナダルらに卵焼きを戻すよう懇願。ナダルはイラつきながらも、しぶしぶ卵焼きを戻した。

笑福亭鶴瓶へ謝罪に向かうも…

その後、隣室で卵焼きを受け取った松村(鶴瓶の声)は、「いつも食べているのと違う!」と激怒したように装う。店員が「隣に出したのを客が食べてしまった」とあっさり白状すると、ナダルは「店の責任だ」と至極当然な愚痴をこぼす。

しかし、番組サイドは「ナダルに謝る発想は皆無」と、まるでナダルが悪者かのようにテロップを入れた。その後、相方の西野創人に促されてしぶしぶ、ナダルは鶴瓶に謝罪しようと隣室に向かったが、そこではじめて、声の主が松村だと気づく。ドッキリと知らされたナダルは、呆れた表情を浮かべた。

今回のドッキリには、

《卵焼きの件は流石にナダル全く悪くないわ》
《ナダル好きじゃないけど、謝らないナダルって表現がちょっとあり得ない》
《ナダルさんかわいそうすぎる。モニタリング、やりすぎじゃない?》
《卵ないのはキレるやろ笑 ナダルは正論言うてるやんwまあやらせなんやけどw》

など、ナダルに同情する声が多くあがっている。

ナダルにしては、珍しくドッキリがプラスに働いたようだ。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock