9条交付金の増額を検討 岸防衛相、松川宜野湾市長の要請受け

©株式会社琉球新報社

 【宜野湾】来県している岸信夫防衛相は22日、沖縄県の宜野湾市役所を訪れ屋上から米軍普天間飛行場を視察し、松川正則市長と懇談した。松川市長は、防衛省の特定防衛施設周辺整備調整交付金(9条交付金)の増額を要請し、防衛側は増額を検討していることを明かした。岸防衛相は「しっかり取り組む」と述べたという。

 懇談は冒頭のみ報道陣に公開された。冒頭で岸氏は、普天間飛行場を視察したことに「直接この地に立って拝見できたことは貴重だった」とし、「住宅や学校で囲まれ、固定化は絶対に避けなければいけない」と強調した。その上で「さまざまな諸問題を解決するため、皆さまの協力と連携が不可欠だ」と述べた。

 松川市長は普天間飛行場の危険性の除去や返還のほか、基地運用による市民生活への配慮を米側に申し入れるよう求めた。松川市長によると、岸氏は普天間飛行場の名護市辺野古移設について「しっかり取り組む」とも話したという。