指原 総選挙1位公約「ビキニで熱湯風呂」1秒で“逃亡”

©株式会社東京スポーツ新聞社

ビキニ姿で熱湯風呂に入った指原莉乃(C)AKS

人気アイドルグループ「HKT48」が1日、さいたまスーパーアリーナで「HKT48 春の関東ツアー2017~本気のアイドルを見せてやる~」を開催。指原莉乃(24)が夜公演で、昨年の総選挙の公約をようやく実現。かわいらしいビキニ姿で熱湯風呂に入った。

指原は史上初の2連覇を達成した際の公約として「1位になったらダチョウ倶楽部さんに弟子入りして、コンサートで“熱湯コマーシャル”をやる」と宣言。見事に1位に輝いたが、掲げた公約は実現せず“なかったこと”になっていた。ところが…。

まず、後方スクリーンにダチョウ倶楽部がビデオ出演。上島竜兵(56)が「指原、あの時の公約、忘れてないだろな?」と挑発すると、指原は矢吹奈子(15)、田中美久(15)と登場。矢吹と田中はカーテンを手に「簡易脱衣室」を作り、その中に入った指原は生着替えだ。

会場のボルテージが上がる中、衣装を脱ぎ捨ててビキニ姿になった指原は、恥ずかしそうな表情で「ジッパー」を熱唱した。

続いて覚悟を決めたように「今年も(総選挙で)1位を取って、水着でコンサートするぞ!」と絶叫。ライブ中盤のMCでは「今年で(総選挙は)最後だと思ってる」と強調したが、3連覇はおろか、来年の4連覇へ意欲を見せた。

ビキニ姿のまま「ナギイチ」を歌いきると、ステージサイドからHKTメンバーが熱湯風呂を指原の前へ。「ヤダー! 怖い!」とビビリながらも、なんとか飛び込むと、すぐに「熱い~!」と“逃亡”。わずか1秒しか熱湯に耐えることはできなかった。

なんとか公約を達成した指原。「来年も1位にしてくれるかな?」と会場に呼びかけると「いいとも!」と1万5000人の観客が答えた。