真っ白なキャンバス[NATSUZOME2020 Legendライブレポート]初めての日比谷野音で堂々と届けた熱きパフォーマンス

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

真っ白なキャンバス[NATSUZOME2020 Legendライブレポート]初めての日比谷野音で堂々と届けた熱きパフォーマンス

夏を初め、夏を染めるアイドルイベント<NATSUZOME>が、2020年10月18日に日比谷野外大音楽堂にて、<NATSUZOME2020 Legend>を開催した。天候にも恵まれた秋空の下、アイドル11組がそれぞれの強い個性を発揮しながらステージを鮮やかに彩った同イベントから、本記事では真っ白なキャンバスのライブレポートをお届けしよう。

【画像はこちら】

取材・文:永山あるみ

この日のライブは“白キャン初の日比谷野音、楽しんでいきましょう!”と意気込み、躍動感のあるバンドサウンドのもと力強い決意を歌う「セルフエスティーム」から口火を切る。激しくもダイナミックな振り付けの中に光る表現力の高さが頼もしい。“枯葉がヒラヒラ 落ちる歩道で”というリリックは、まるで今の季節を歌い上げているようであった。

そのまま、曲中の展開が印象的な「Whatever happens, happens.」へ。可愛らしい容姿とは裏腹なハードなロックテイストなナンバーで大胆に攻めるステージングを展開。ハンズアップし、左右に手を振るダンスで会場に一体感を生み出していく。

続けて、透き通る歌声で日比谷野音の空にグループの輝く未来を描いた「共に描く」、夢へと駆け出すメジャーデビューシングル「桜色カメラロール」をパフォーマンス。彼女たちが堂々と放つ歌声は、少しずつ落ちていく夕陽が映える秋空へとどこまでも高く響き渡っていた。

ノンストップとなったこの日のパフォーマンスのラストを飾ったのは、人気曲「PART-TIME DREAMER」。落ちサビを歌い繋ぐ小野寺梓と三浦菜々子の安定感のあるバトンタッチはこの日も健在。盛り上がり必至なナンバーでフロアのボルテージをグッと高めきって、ステージを後にした。

この日、彼女たちが身にまとっていた純白の衣装のように、まだ何色にも染められていない“真っ白なキャンバス”には無限の可能性が秘められている。11月18日(水)に開催を控えるZepp DiverCityでのワンマンライブがさらに楽しみになる25分間のステージであった。

真っ白なキャンバス<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
真っ白なキャンバス<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
真っ白なキャンバス<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
真っ白なキャンバス<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
真っ白なキャンバス<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
真っ白なキャンバス<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
真っ白なキャンバス<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)
真っ白なキャンバス<NATSUZOME2020 Legend>(2020年10月18日/日比谷野外大音楽堂)

真っ白なキャンバス<NATSUZOME2020 Legend>