40代、年収300万円台の実情「財布の中はほぼ小銭。たまに千円札3枚くらい」「無欲になることで心も死んでいきます」

©株式会社グローバルウェイ

「コンビニで気軽に食べ物を買えない」という声も

厚生労働省の「平成30年国民生活基礎調査の概況」によれば、40代の平均世帯年収は702万円だが、実際には年収300万円台の世帯が少なくない。

40代で世帯年収300万円台といえば、統計上では平均世帯年収の半分以下ということになるが、彼らはどのような日常を送っているのだろうか。キャリコネニュース読者からは、

「独身で、母親・弟と同居している。2人はほとんど仕事がない。服は9割方、古着屋を利用している。外食も娯楽もない。ただ生活しているだけ」(40代女性/千葉県/商社系/世帯年収370万円)

という声が寄せられている。今回は、世帯年収300万円台の40代の投稿を紹介する。(文:鹿賀大資)

「実家を出ても生活するだけならできる。収入が今の倍あれば出ている」

サービス系の会社に勤務する千葉県の独身女性は「貯金ができなくなるため実家を出られない」という。

「周りからは『実家を出ないのか』『自立した方がよい』と言われて辛い。実家を出ても生活するだけならできるので、収入が今の倍あれば出ている」

とコメントしている。

メーカー系の会社で働く福岡県の男性は妻と2人暮らし。男性は

「手取りが少ないため、スーパーやコンビニで気軽に飲み物や食べ物を買えません。もう何年もこの生活なので慣れましたが。財布の中身はほぼ小銭です。たまに千円札が2~3枚あるくらい」

と贅沢のない質素な生活ぶりについて書いている。

「何も感じないようにして生きているから」

北海道の男性は、妻と子ども1人の3人世帯。「何とか日々暮らしている感じ」という。貯金はなく、食事は炭水化物のみの日が多い。ガソリン代を抑えるため、車で遠出はせず徒歩圏内の行き先に限定していると語る。また、

「外食なんてもってのほか。満足ではないけど不満もない。何も感じないようにして生きているから」

と綴っている。

シングルマザーとして1人の子どもを養う京都府の女性は「とにかく金を使わない。無欲になることで心も死んでいきます。娯楽や趣味の楽しみとは無縁になれば、慎ましく生きることができます」と悟っている。

流通・小売系の会社で働く長野県の女性も、シングルマザーとして2人の子どもを育てている。築50年以上の市営住宅に住んでおり「ご飯を食べていくだけで精一杯。毎月が赤字です。子どもの学費だけは滞ることなく払わなければ、と必死です」と述べている。

※キャリコネニュースでは引き続き世帯年収300万円台のリアル派遣社員の不満に関するアンケートを募集しています。